バフェット部-東大卒商社マンが理論株価を全力分析!

全ての株式投資家に通ずる永遠の問い、「なにをいつ買うか?」に徹底的に向き合うサイト!M&Aを手掛ける東大卒現役商社マン(証券アナリスト資格有)が理論株価を全力分析し、「割安価格」の正体を突き止める!

ブラックマンデーから30年!当時と酷似する現在

ブラックマンデー


こんにちは!
バフェット部のりろんかぶおです!

昨日2017年10月19日は、NY株式市場で過去最大の株価暴落率(デイリーベース)を記録した
ブラックマンデー(暗黒の月曜日)からちょうど30年です。

ブラックマンデー当日はわずか1日で、
NYダウが22.6%、S&P500が20.5%下落しました。

それまでの1987年の米国株式市場は絶好調で堅調に上昇していき
8月には史上最高値を更新
しかし、9月は一転、株価は2%下落し、ブラックマンデーの直前週は
9%下落してブラックマンデーを迎えたのです。

株式市場というのは時差の関係上、まずアジアが開き、
その次に欧州、米国という順番で市場が開いていきます。

ブラックマンデー当日は、米国株式市場が開く前に、
アジア、欧州の市場で前週の米国市場の下落を受けて大量の売りが入りました。

これを受け大幅下落で幕を開けた米国市場では、
当時広く普及し始めていたコンピューター自動取引により大量の売り注文が発注され、
売りが売りを招く負の連鎖により下げが止まらず、
結果的に歴史上最大の下落率を記録する日になってしまったわけです。

この歴史的大暴落の犯人は、コンピューター自動売買ポートフォリオインシュランスの採用だと言われております。

ポートフォリオインシュランスは、株価下落時に株の先物を売ることで損失を最小限に抑える手法です。
つまり、下落相場で利益が出るポジションをとることで、本来のポートフォリオの損失と一部相殺させるという考え方です。

これは、株価下落時に先物を売る、更に下落すればもっと売る、というもので、
これがコンピューター自動取引と相まって、売りが売りを呼ぶ無限ループを引き起こしてしまったのです。


但し、ブラックマンデーの本質的な原因はそもそも過熱しすぎていた株式市場にあるとも言えます。

1980年代は世界中で金融緩和が行われており、好調な企業業績を受けて、
あふれたマネーが株式市場に集まり、米国株PERも15年ぶりの高さに達し、
ことあるごとに割高感が指摘されておりました。

これが1987年に米国、ドイツで利上げが行われ、
こうした金融引締めを背景に株高が終焉を迎えたという見方もされております。


何がお伝えしたいかというと、この状況って今の状況とかなり似てますよね。。。

リーマンショック以降、世界中で金融緩和が行われ溢れかえったマネーがあらゆる市場に殺到しております。

米国株も連日史上最高値を更新、
過去100年で6回債務不履行に陥ったアルゼンチンの100年債という超リスク国債に3倍以上の買い手が殺到、
ビットコインという30年前には考えもしなかったであろう市場も活況を呈しております。

そんな中で、米国・欧州では中央銀行がやっと重い腰を上げて金融緩和の出口に向かい、
利上げ、保有国債の段階的縮小に動き始めました。

そして今回の問題は金融引締めが行われ始めている中、
市場はそれらを見て見ぬふりをするかのように米国株は更なる高値を更新し、
20年以上見放され続けてきた日本株も21年ぶりの高値を更新するという状況です。

金融引き締めと株高という相反する要素が同時進行する中、
適正株価からの乖離幅が急速に大きくなり始めており、
ふとした出来事でブラックマンデーを超える大暴落が起こる可能性もあります。。

こういった状況下では、ドルコスト平均法で定額を買い続ける投資家はそのままでも問題ありませんが、
市場の熱気にあおられて割高な株に大量の買いを入れることは控えた方がいいでしょう。

こちらもご参照↓

果たして米国株は割高なのか?~NYダウの理論株価の観点から~

ドルコスト平均法 vs バリュー投資

以上

りろんかぶお

今後も皆様にとって有意義な情報をお届けできるよう精進致します!
もしよろしければ応援のポチをお願い致します!
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村



(一覧表は随時アップデート中!最新版はこちら!
スマホで御閲覧の方はトップ画面から最新記事をクリックいただき最下段ご参照ください)





Untitled spreadsheet
NYダウ銘柄
企業名(時価総額順)
※カッコ内はS&P格付け
※企業名クリックで
財務分析が見れます
理論株価 現在株価
(ドル)
(2017/10/20)
割安度
割高度
連続増配
(5年以上のみ)
時価総額
(百万ドル)
(2017/10/20)
最新決算年
純利益
(百万ドル)
実績PER
Apple (AA+) 138 155.98 13%  高 5年 805,672 45,687 17.63
Microsoft (AAA) 36 77.91 116%  高 15年 601,109 21,204 28.35
Johnson & Johnson (AAA) 104 142.04 37%  高 54年 381,235 16,540 23.05
Exxon Mobil (AA+) 36 82.74 130%  高 34年 350,578 7,840 44.72
JP Morgan Chase (-) 79 98.11 24%  高 6年 340,412 24,733 13.76
Walmart (AA) 122 86.40 -29%  安 44年 258,094 13,643 18.92
Visa (A+) 33 107.02 224%  高 9年 244,730 5,991 40.85
P&G (AA-) 77 91.59 19%  高 61年 233,381 15,326 15.23
Chevron (AA-) (※1) 118.20
29年 223,989 -497 NA
Pfizer (AA) 36 36.24 1%  高 7年 215,532 7,215 29.87
GE (AA-) 16 23.58 47%  高 204,154 8,831 23.12
Verizon (BBB+) 56 49.21 -12%  安 12年 200,748 13,608 14.75
Coca Cola (AA-) 33 46.59 41%  高 54年 198,721 6,527 30.45
United Health (A+) 136 203.25 49%  高 7年 196,514 7,017 28.01
Home Depot (A) 68 163.24 140%  高 7年 192,430 7,957 24.18
Intel (A+) 35 40.09 15%  高 188,383 10,316 18.26
Merk (AA) 55 63.75 16%  高 6年 173,869 3,920 44.35
Cisco Systems (AA-) 42 33.75 -20%  安 6年 167,129 9,609 17.39
DowDuPont (-) (※2) 70.89 - - 165,597


Boeing (A) 155 259.04 67%  高 6年 153,114 4,895 31.28
Walt Disney (A) 51 99.01 94%  高 152,820 9,391 16.27
IBM (AA-) 213 160.90 -24%  安 21年 148,993 11,872 12.55
McDonald (BBB+) 74 166.50 125%  高 41年 134,864 4,687 28.77
3M (AA-) 107 219.24 105%  高 58年 130,835 5,050 25.91
United Technologies (A-) 55 119.49 117%  高 23年 95,419 5,055 18.88
Goldman Sachs (A+) 241 239.99 0%  安 6年 92,847 7,398 12.55
Nike (AA-) 34 52.69 55%  高 15年 85,965 4,240 20.27
American Express (BBB+) 73 91.90 26%  高 5年 80,045 5,408 14.80
Caterpillar (A) 49 131.55 168%  高 23年 77,742 -67 NA
Travelers (-) 192 133.17 -31%  安 12年 36,748 3,014 12.19
(※1)シェブロンは過去対象期間のフリーキャッシュフローがマイナスの為理論株価計算不可
(※2)ダウデュポンは2017年9月設立のため理論株価計算不可









NYダウ平均株価 17,207.34 23,163.04 35%  高 - 6,531,669 286,410 22.81
(※)シェブロン及びダウデュポンは現在株価を使用。


※当ブログで紹介する理論株価は、いくつかの前提条件をりろんかぶおが独自に設定している為、その前提条件次第では計算結果が異なってきます。また当ブログは、投資に関する情報を掲載していますが、特定の銘柄の売買を推奨するものではありません。また、読者が当ブログの情報を用いて行う投資判断の一切について責任を負うものではありません。




[ 2017/10/20 11:56 ] 12.米国株 旬の話題 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
PR
プロフィール

りろんかぶお

Author:りろんかぶお
【名前】:りろんかぶお
【出身】:千葉
【性格】:感情の起伏ゼロ。声低め。
【学歴】:東京大学大学院卒
【職業】:総合商社(M&A等)
【資格】:証券アナリスト
【趣味】:投資・麻雀・ランニング
【目標】:1億円を貯めて配当生活
【投資方針】:米国連続増配銘柄への長期投資
【投資デビュー】:大学3年生(小遣い稼ぎのつもりがぼろ負け。。)

プロフィール詳細はこちら

株式投資本の王道






















米国株人気ブログ紹介
ブログランキング
その他人気ブログはこちら