バフェット部-東大卒商社マンが理論株価を全力分析!

全ての株式投資家に通ずる永遠の問い、「なにをいつ買うか?」に徹底的に向き合うサイト!M&Aを手掛ける東大卒現役商社マン(証券アナリスト資格有)が理論株価を全力分析し、「割安価格」の正体を突き止める!

【マイクロソフト】 IT業界の覇者の理論株価は?(2017年)

rogo-MSFT.png


こんにちは!
バフェット部のりろんかぶおです!

このブログではあらゆる企業の財務分析及び理論株価を広く共有し、
「どの銘柄を、いつ買えばいいのか?」の判断材料の一つとしていただくことを目的としております!

今回の銘柄は、時価総額世界3位、もはや世界中で知らない人はいないであろう

マイクロソフト

です!

マイクロソフトといえば、皆さん一度はWindows、Microsoft Officeを使ったことはあるはずです。
創業者のビルゲイツも有名ですよね。

ちなみにバフェットとビルゲイツは大の仲良しのようで、
ビルゲイツがバークシャーハサウェイの株主総会に訪れたこともあります。

マイクロソフトの設立以来の株価推移は以下の通り(MSNマネー抜粋)。
kabuka-2017-MSFT.png

なんとマイクロソフトは2000年のITバブル時代につけた58ドルという高値を
長年更新できず、最近やっと最高値を更新した企業であります。

通常、投資家の期待が非常に高い銘柄は、その高い期待を上回っていかないと株価は上昇しません
マイクロソフトは期待過剰で買われた銘柄の典型といえるかもしれません。

今回も以下の順でマイクロソフト株を分析していきます。

目次
1. 財務分析
2. 理論株価
3. 結論
4. NYダウ銘柄理論株価一覧





詳細

1.財務分析
(1)売上高・純利益推移


uriage-2017-MSFT.png

2017年の売上は前年対比で$4,600mil
純利益は$4,400mil伸びておりますね!

純利益の伸びは、
・本業のビジネスの伸びが$2,000mil程、
・保有株式売却益による特別要因が$1,000mil程、
・税金に関して前年の損金算入漏れを今期に計上したことによる減税効果が$1,000mil程
という内訳になっております。

次に営業利益構成比率を見てみましょう。
uriagekousei-2017-MSFT.png

WindowsはパソコンのOSの世界シェアがなんと9割以上あり、ほぼ独占状態。
競合他社としてはアップルがいますが、今後Windowsの牙城を崩せる企業は出てこないかもしれないです。

それほど、マイクロソフトは世界に普及しており、
世界中の人がWindowsやOfficeの使い方に完全に慣れてしまっているので、
乗り換えもあまり起こらないと思われます。

りろんかぶおは大学時代、キャンパスのパソコンがなぜか全てMacだったのですが、
やはりこれまでずっとWindowsを使ってきたので結局最後まで使い方が慣れず、
結局仕事・プライベートでは今でもWindowsをずっと使っております。

今後パソコンが途上国にもどんどん普及していくと考えると、
マイクロソフトの伸びしろはまだまだありそうですし、
こういった独占状態の企業では今後も安定して収益を上げていくと考えていいと思います。

おそるべしビルゲイツ!

ちなみに以下は地域別売上高比率です。
uriagearea-2017-MSFT.png

さすが超グローバル企業だけあって、売上の半分を海外で稼いでおります。


(2)配当金・自社株買い推移

haito-2017-MSFT.png
haitoseiko-2017-MSFT.png

配当利回りは、2017年10月1日現在で

2.26%!(いまいち。)

配当利回りはそれほど高くないのですが、
マイクロソフトは自社株買いを大量にしている企業です。

配当と自社株買いによる株主還元を合わせるとなんと直近3年間は純利益対比100%超えです。
つまり2017年度に稼いだお金以上を株主に還元しているということです!!

ちなみに配当+自社株買い利回りはなんと4.0%!!

このように株主還元としては、配当だけでなく自社株買いもしっかりと見ていく必要があります。

また、マイクロソフトは15年連続増配銘柄でもあり、
こういった点からも株主還元に熱心な企業であることがわかります。


2.理論株価


それでは、お待ちかねの理論株価です!

理論株価の計算には、
M&Aのファイナンシャルアドバイザーなどがメインで使用するDiscounted Cash Flow(DCF法)を使います。

マイクロソフトの過去3年のフリーキャッシュフローの平均が、
今後も永久に続くと仮定した場合、
DCF法による理論株価は、










なんと

36ドルとなります!!(2017年10月1日現在74.49ドル)

※DCF法の概要説明はこちら!

これが適正株価だとすると、
現在の株価は107%割高ということになります。。


3.結論


・マイクロソフトのWindowsはパソコンOSの世界シェアがなんと9割以上ありほぼ独占状態。

・2017年は売上89,950百万ドル、純利益21,204百万ドル。

・配当利回りは2.26%(2017年10月1日現在)、15年連続増配、配当性向57%。自社株買いも含めると純利益以上を株主に還元している企業。

・理論株価は36ドル(2017年10月1日現在74.49ドル)で107%割高。。

とても強固なビジネスを持っているので
割安感が出てきたら買いたい銘柄ではありますね♪


4. NYダウ銘柄理論株価一覧

(一覧表は随時アップデート中!最新版はこちら!)






Untitled spreadsheet
NYダウ銘柄
企業名(時価総額順)
※カッコ内はS&P格付
※企業名クリックで
財務分析が見れます
理論株価
(ドル)
現在株価
(ドル)
(2017/9/30)
割安度
割高度
連続増配
(2016年迄)
(5年以上のみ)
時価総額
(百万ドル)
(2017/9/30)
最新決算年
純利益
(百万ドル)
実績PER
Apple (AA+) 138 154.12 12%  高 5年 796,065 45,687 17.42
Microsoft (AAA) 36 74.49 107%  高 15年 575,101 21,204 27.12
Johnson & Johnson (AAA) 104 130.01 25%  高 54年 348,947 16,540 21.10
Exxon Mobil (AA+) 36 81.98 128%  高 34年 347,358 7,840 44.31
JP Morgan Chase (-) 79 95.51 21%  高 6年 336,096 24,733 13.59
Visa (A+) 33 105.24 219%  高 9年 240,659 5,991 40.17
Walmart (AA) 122 78.14 -36%  安 44年 233,420 13,643 17.11
P&G (AA-) 78 90.98 17%  高 60年 232,000 10,508 22.08
Chevron (AA-) (※1) 117.50
29年 222,663 -497 NA
Pfizer (AA) 36 35.70 -1%  安 7年 212,320 7,215 29.43
GE (AA-) 16 24.18 51%  高 209,349 8,831 23.71
Verizon (BBB+) 56 49.49 -12%  安 12年 201,890 13,608 14.84
Home Depot (A) 68 163.56 141%  高 7年 192,807 7,957 24.23
Coca Cola (AA-) 33 45.01 36%  高 54年 191,981 6,527 29.41
United Health (A+) 136 195.85 44%  高 7年 189,360 7,017 26.99
Intel (A+) 35 38.08 9%  高 179,319 10,316 17.38
Merk (AA) 55 64.03 16%  高 6年 174,632 3,920 44.55
Cisco Systems (AA-) 42 33.63 -20%  安 6年 168,152 9,609 17.50
DowDuPont (-) (※2) 69.23 - - 161,719


Walt Disney (A) 51 98.57 93%  高 152,141 9,391 16.20
Boeing (A) 155 254.21 64%  高 6年 150,259 4,895 30.70
IBM (AA-) 213 145.08 -32%  安 21年 135,206 11,872 11.39
McDonald (BBB+) 74 156.68 112%  高 41年 126,910 4,687 27.08
3M (AA-) 107 209.90 96%  高 58年 125,261 5,050 24.80
United Technologies (A-) 55 116.08 111%  高 23年 92,696 5,055 18.34
Goldman Sachs (A+) 241 237.19 -2%  安 6年 91,763 7,398 12.40
Nike (AA-) 34 51.85 53%  高 15年 85,106 4,240 20.07
American Express (BBB+) 73 90.46 24%  高 5年 79,965 5,408 14.79
Caterpillar (A) 49 124.71 155%  高 23年 73,700 -67 NA
Travelers (-) 192 122.52 -36%  安 12年 33,809 3,014 11.22
(※1)シェブロンは過去対象期間のフリーキャッシュフローがマイナスの為理論株価計算不可
(※2)ダウデュポンは2017年9月設立のため理論株価計算不可









NYダウ平均株価 17,197.97 22,405.09 30%  高 - 6,360,654 281,592 22.59
(※)シェブロン及びダウデュポンは現在株価を使用。


以上

りろんかぶお

その他の人気記事はこちら↓
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

※当ブログで紹介する理論株価は、いくつかの前提条件をりろんかぶおが独自に設定している為、その前提条件次第では計算結果が異なってきます。また当ブログは、投資に関する情報を掲載していますが、特定の銘柄の売買を推奨するものではありません。また、読者が当ブログの情報を用いて行う投資判断の一切について責任を負うものではありません。


[ 2017/10/01 11:46 ] 5.理論株価&財務分析 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
PR
プロフィール

りろんかぶお

Author:りろんかぶお
【名前】:りろんかぶお
【出身】:千葉
【性格】:感情の起伏ゼロ。声低め。
【学歴】:東京大学大学院卒
【職業】:総合商社(M&A等)
【資格】:証券アナリスト
【趣味】:投資・麻雀・ランニング
【目標】:1億円を貯めて配当生活
【投資方針】:米国連続増配銘柄への長期投資
【投資デビュー】:大学3年生(小遣い稼ぎのつもりがぼろ負け。。)

プロフィール詳細はこちら

株式投資本の王道






















米国株人気ブログ紹介
ブログランキング
その他人気ブログはこちら