バフェット部-東大卒商社マンが理論株価を全力分析!

全ての株式投資家に通ずる永遠の問い、「なにをいつ買うか?」に徹底的に向き合うサイト!M&Aを手掛ける東大卒現役商社マン(証券アナリスト資格有)が理論株価を全力分析し、「割安価格」の正体を突き止める!

【市場平均】 日経平均 vs S&P500(円ベース)

<日経平均 vs S&P500(円ベース)>

日経平均 vs SP500(JPY)

出典:
日経平均:https://billion-trillion.com/nikkei225-data/
S&P500(ドルベース):Yahoo Finance
ドル円:
1949年~2015年 https://stooq.com/q/d/?s=usdjpy&c=0&d1=19600101&d2=20170921
2015年~ Yahoo Finance

今回は、日米市場平均の過去チャート比較を通して、
日本株投資と米国株投資のどちらに優位性があるかを見ていきたいと思います。

条件を統一するために、S&P500は円換算しております。


1.1960年を基準年とした場合


この場合、なんと日経平均のリターンがS&P500(JPY)を上回っております!!

1960年時点で既に大国であった米国に対し、
日本はまだまだこれからの国でした。

1960年を基準とした場合、日本の高度経済成長期をまるまる享受できる為、S&P500(JPY)に勝ることとなっています!


2.1970年を基準年とした場合


このケースでは、日経平均とS&P500(JPY)のリターンがだいたい同じくらいになってます。

1970年ですと高度経済成長の終盤であり、
日経平均もそこそこの価格水準まで上がってきたことが主要因と考えられます。


3.1980年、1990年、2000年、2010年を基準年とした場合


この4つのケースでは、円高の影響を跳ね返しS&P500(JPY)が日経平均を圧倒しておりますね!!

日本では高度経済成長が終わり、徐々に内需及び国内成長が飽和状態となり、
ここで初めて米国株と平場の勝負ということになります。

超グローバル企業がずらりと並ぶ米国株は、
好調を続ける内需に加え世界経済の成長も取り込んでいっておりますので、
平場の勝負では日本株はまだまだ歯が立たない状況といえるでしょう。

また、心配していた為替(円高)の影響も米国株の上げの強さが飲み込んでしまってますね!


まとめ


上述の通り、高度経済成長期以前を基準年とした場合を除いて、
平場の勝負では為替の影響を加味してもS&P500(JPY)が日経平均を圧倒していることがわかりました!!

グローバルでの地位を確立した企業が多数存在する米国株は、
今後も円高の悪影響を吸収して余りある上昇を続けると考えられます!

また以下の記事では、長期的には「為替変動」と「物価変動による株価増減」は相殺されるため、
長期投資の場合為替リスクは大きなリスクではなくなることを説明しております。

米国株投資における米国インフレ vs 円高


NYダウ銘柄理論株価一覧はこちらご参照ください!

以上

りろんかぶお

今後も皆様にとって有意義な情報をお届けできるよう精進致します!
もしよろしければ応援のポチをお願い致します!
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

※当ブログで紹介する理論株価は、いくつかの前提条件をりろんかぶおが独自に設定している為、その前提条件次第では計算結果が異なってきます。また当ブログは、投資に関する情報を掲載していますが、特定の銘柄の売買を推奨するものではありません。また、読者が当ブログの情報を用いて行う投資判断の一切について責任を負うものではありません。




コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
PR
プロフィール

りろんかぶお

Author:りろんかぶお
【名前】:りろんかぶお
【出身】:千葉
【性格】:感情の起伏ゼロ。声低め。
【学歴】:東京大学大学院卒
【職業】:総合商社(M&A等)
【資格】:証券アナリスト
【趣味】:投資・麻雀・ランニング
【目標】:1億円を貯めて配当生活
【投資方針】:米国連続増配銘柄への長期投資
【投資デビュー】:大学3年生(小遣い稼ぎのつもりがぼろ負け。。)

プロフィール詳細はこちら

株式投資本の王道






















米国株人気ブログ紹介
ブログランキング
その他人気ブログはこちら