バフェット部-東大卒商社マンが理論株価を全力分析!

全ての株式投資家に通ずる永遠の問い、「なにをいつ買うか?」に徹底的に向き合うサイト!M&Aを手掛ける東大卒現役商社マン(証券アナリスト資格有)が理論株価を全力分析し、「割安価格」の正体を突き止める!

FANG銘柄を買ってはいけない理由

FANG銘柄


こんにちは!
バフェット部のりろんかぶおです!

このブログではあらゆる企業の財務分析及び理論株価を広く共有し、
「どの銘柄を、いつ買えばいいのか?」の判断材料の一つとしていただくことを目的としております!

今回はタイトルの通り、

「FANG銘柄を買ってはいけない理由」

について見ていきましょう。


1. FANG銘柄とは?


FANGとは米国の巨大IT・ネット企業である、
Facebook(SNS)、Amazon(ネット通販)、Netflix(動画配信)、Google(検索エンジン)
の4社の頭文字をとった造語です。

これらの企業の株価は2015年の株式市場で突出したリターンを記録し、
現在最もホットなIT・ネット業界をけん引する代表的な企業群で、米国では流行語にもなりました。

FANG銘柄の直近10年間の株価推移は以下の通り。(Yahooファイナンス抜粋)
FANG銘柄株価推移

どの企業も、株価の上がり方が尋常じゃないです。。
AmazonとNetflixに至っては10年で10倍以上になってますね。。


2. なぜFANG銘柄に投資してはいけないのか?


では、なぜここまで圧倒的なパフォーマンスを示すFANG銘柄をお勧めできないのでしょうか?

結論から言うと、既にかなりの割高水準にあるからです。

ジェレミーシーゲルの代表的名著「株式投資の未来」(書評はこちら)では、
FANG銘柄のように、最も将来を有望視されている企業は、
多くの投資家が群がり既に割高となっており、
こういった銘柄を保有することは将来の長期的な運用成績を押し下げることを
過去の膨大なデータから実証しております。

「そんなこと言ったって、FANG銘柄は今後毎年○○%成長が見込める企業だから大丈夫だ!」

と思うかもしれませんが、市場が判断する最も妥当な期待成長率は
既に今の株価に織り込まれています

なので、今後株価が上がるためには
期待されている成長率を上回る成長を見せないと株価は上がらないということになります。

その時々において、もっともホットな業界というのは大抵、この期待が過剰になり
株価が割高になってしまうものなのです。

ちなみに、2017年8月時点の世界時価総額ランキングは以下の通り。

1位 Apple
2位 Alphabet(Google)
3位 Microsoft
4位 Facebook
5位 Amazon


なんとIT・ネット関連企業が独占!!

そして4銘柄のFANG銘柄の内、実に3銘柄がTop 5入りしております!

これを見るだけでもIT・ネット業界の熱狂ぶりがうかがえます。

では、未だに株価上昇を続けるFANG銘柄は既に割高なのか?という点を
①PERと②DCF法による理論株価の観点から見ていきましょう。


3. FANG銘柄のPER

Untitled spreadsheet


2017/9/20時点


株価 PER

Facebook 172.52 48.46

Amazon 969.86 193.58

Netflix 185.68 422.00

Google 936.86 43.84






PERは以下の計算で求められる指標で、
企業が稼ぐ利益によって何年で投資が回収できるかを指すものです。

PER=株価÷1株当たり純利益

米国の株式市場の歴史ではPER=17倍程度が平均でそれよりも高ければ高いほど割高となりますが、
FANG銘柄は平均を大幅に上回っており、AmazonとNetflixに至っては3桁です。。

PERの観点からは異常な割高水準であるといえます。


4. FANG銘柄の理論株価


NYダウ銘柄の理論株価算出には、直近4~5年間のフリーキャッシュフローの平均が
今後半永久的に続く前提で理論株価を算出しておりますが、
FANG銘柄のような新興企業は通常将来の成長期待によって株が買われているので、
今回は永久成長率を2%としました。

※DCF法の説明はこちら

短期的には成長率はもっと高いかもしれませんが、
2%成長が「永久に続く」というところで
ある程度アグレッシブな前提を置いているのでこんなものかと思います。

Untitled spreadsheet


株価
2017/9/20
理論株価 割高・割安

Facebook 172.52 113 53%割高

Amazon 969.86 323 200%割高

Netflix 185.68 - -

Google 936.86 755 24%割高







上記表から一目でわかる通り、すべての銘柄が割高ですね。
Netflixに至っては、直近のフリーキャッシュフローがマイナスで、理論株価が計算できないほどです。。

AmazonとNetflixに関しては、ほぼ成長期待のみから買われているといっても過言ではありません。


5. まとめ

上記の分析を踏まえて、FANG銘柄は現在かなりの割高水準にあるので
長期投資家としては手を出さない方がいいということが言えるかと思います。

また、ジェレミーシーゲルの教えにある通り、
FANG銘柄に限らず、世の中で注目度の高い企業というのは
その時点で既に株価が割高水準にあることがほとんどなので、
注目されていて将来が期待できそうな企業であればあるほど手を出さないように気を付ける必要があります。

理論株価一覧
(一覧表は随時アップデート中!最新版はこちら!)

Untitled spreadsheet
NYダウ銘柄
企業名(時価総額順)
※カッコ内はS&P格付
※企業名クリックで
財務分析が見れます
理論株価
(ドル)
現在株価
(ドル)
(2017/9/20)
割安度
割高度
連続増配
(2016年迄)
(5年以上のみ)
時価総額
(百万ドル)
(2017/9/20)
最新決算年
純利益
(百万ドル)
PER
アップル (AA+) 138 158.73 15%  高 5年 819,877 45,687 17.95
マイクロソフト (AAA) 56 75.44 35%  高 15年 582,436 16,798 34.67
ジョンソン エンド ジョンソン (AAA) 104 135.22 30%  高 54年 362,930 16,540 21.94
エクソンモービル (AA+) 36 80.22 123%  高 34年 339,901 7,840 43.35
JPモルガン・チェース (-) 79 93.94 19%  高 6年 330,572 24,733 13.37
P&G (AA-) 78 94.17 21%  高 60年 240,135 10,508 22.85
ウォルマート (AA) 122 80.05 -34%  安 44年 239,125 13,643 17.53
シェブロン (AA-) (※) 116.34
29年 220,465 -497 NA
ファイザー (AA) 36 35.45 -2%  安 7年 210,834 7,215 29.22
GE (AA-) 16 24.20 51%  高 209,522 8,831 23.73
ベライゾン (BBB+) 56 49.34 -12%  安 12年 201,278 13,608 14.79
コカ・コーラ (AA-) 33 45.98 39%  高 54年 196,119 6,527 30.05
VISA (A+) 33 105.41 219%  高 9年 192,834 5,991 32.19
ユナイテッドヘルス (A+) 136 194.65 43%  高 7年 188,199 7,017 26.82
ホームデポ (A) 68 157.66 132%  高 7年 185,852 7,957 23.36
メルク (AA) 55 65.95 20%  高 6年 179,869 3,920 45.88
インテル (A+) 35 37.23 6%  高 175,316 10,316 16.99
シスコシステムズ (AA-) 42 32.49 -23%  安 6年 162,452 9,609 16.91
ウォルトディズニー (A) 51 98.43 93%  高 151,925 9,391 16.18
ボーイング (A) 155 252.46 63%  高 6年 149,225 4,895 30.49
IBM (AA-) 213 144.39 -32%  安 21年 134,563 11,872 11.33
マクドナルド (BBB+) 74 157.43 113%  高 41年 127,518 4,687 27.21
3M (AA-) 107 213.56 100%  高 58年 127,446 5,050 25.24
ユナイテッドテクノロジーズ (A-) 55 113.65 107%  高 23年 90,755 5,055 17.95
ゴールドマンサックス (A+) 241 228.91 -5%  安 6年 88,560 7,398 11.97
アメリカンエクスプレス (BBB+) 73 89.00 22%  高 5年 78,674 5,408 14.55
キャタピラー (A) 49 124.74 155%  高 23年 73,718 -67 NA
デュポン (A-) 16 84.72 430%  高 73,521 2,513 29.26
ナイキ (AA-) 37 53.33 44%  高 15年 69,977 3,760 18.61
トラベラーズ (-) 192 120.58 -37%  安 12年 33,274 3,014 11.04
(※)シェブロンは過去対象期間のフリーキャッシュフローがマイナスの為理論株価計算不可









NYダウ平均株価 16,905.51 22,370.80 32%  高 - 6,236,872 279,219 22.34
(※)シェブロンは理論株価計算不可のため、現在株価を使用。

以上

りろんかぶお

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

※当ブログで紹介する理論株価は、いくつかの前提条件をりろんかぶおが独自に設定している為、その前提条件次第では計算結果が異なってきます。また当ブログは、投資に関する情報を掲載していますが、特定の銘柄の売買を推奨するものではありません。また、読者が当ブログの情報を用いて行う投資判断の一切について責任を負うものではありません。


[ 2017/09/20 22:02 ] 12.米国株 旬の話題 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
PR
プロフィール

りろんかぶお

Author:りろんかぶお
【名前】:りろんかぶお
【出身】:千葉
【性格】:感情の起伏ゼロ。声低め。
【学歴】:東京大学大学院卒
【職業】:総合商社(M&A等)
【資格】:証券アナリスト
【趣味】:投資・麻雀・ランニング
【目標】:1億円を貯めて配当生活
【投資方針】:米国連続増配銘柄への長期投資
【投資デビュー】:大学3年生(小遣い稼ぎのつもりがぼろ負け。。)

プロフィール詳細はこちら

株式投資本の王道






















米国株人気ブログ紹介
ブログランキング
その他人気ブログはこちら