バフェット部-東大卒商社マンが理論株価を全力分析!

全ての株式投資家に通ずる永遠の問い、「なにをいつ買うか?」に徹底的に向き合うサイト!M&Aを手掛ける東大卒現役商社マン(証券アナリスト資格有)が理論株価を全力分析し、「割安価格」の正体を突き止める!

【デュポン】 大手化学品メーカーの理論株価は?

rogos-2016-DD.png


こんにちは!
バフェット部のりろんかぶおです!

このブログではあらゆる企業の財務分析及び理論株価を広く共有し、
「どの銘柄を、いつ買えばいいのか?」の判断材料の一つとしていただくことを目的としております!

今回の銘柄は、化学品メーカー大手の

デュポン

です!

デュポンは世界化学品業界の中でもだいたい10位くらいの企業で、
世界1位ばかりのダウ銘柄の中では「なんでデュポンがダウ銘柄?」と思ってしまうような銘柄ではあります。(失礼!)

但し、今般デュポンは米国最大のダウケミカルと経営統合することを合意しました!
(経営統合は2017年中に行われる予定)

統合後は「ダウデュポン」となり、
独BASFを抜いて世界最大の化学品メーカーとなります!

そんなデュポンの過去10年間の株価推移は以下の通り(Yahooファイナンス抜粋)。
kabuka-2016-DD_convert_20170826120610.png
今回も以下の順でデュポン株を分析していきます。

目次
1.財務分析
2.理論株価
3.結論

詳細

1.財務分析
(1)売上高・純利益推移


uriage-2016-DD.png
2015年の売上及び純利益が2014年対比でがくっと減ってますね。
また2015年から2016年にかけても微妙に売上が減少しております。

これらの主な原因はドル高の影響によるものです。

特に2015年はドルが世界的に独歩高の状態で、
グローバルで売上を上げる米国企業を苦しめております。

また2016年の営業利益構成比率は以下の通りです。
uriagekousei-2016-DD.png
何となく意外だったのっですが、農薬などの農業用化学品が収益の柱なのですね。

今の時代、効率的に作物を育てるために、
農薬や殺虫剤などはとても重要なアイテムとなっているようです。

次に地域別売上高を見ていきしょう。
uriagearea-2016-DD.png
売上の半分は以上は海外で儲けており、
グローバルでの地位の高さがうかがえます。


(2)配当金推移

haito-2016-DD.png
配当利回りは、2017年8月26日現在で

1.84%!(低い!)

デュポンは2016年に減配しており
株主還元という意味では微妙です。

かつ配当性向も少し高めなので、今後も高配当は期待できないかもしれないという状況。。


2.理論株価


それでは、お待ちかねの理論株価です!

理論株価の計算には、
M&Aのファイナンシャルアドバイザーなどがメインで使用するDiscounted Cash Flow(DCF法)を使います。

デュポンの過去4年のフリーキャッシュフローの平均が、
今後も永久に続くと仮定した場合、
DCF法による理論株価は、










なんと

16ドルとなります!!(2017年8月26日現在82.67ドル)

※DCF法の概要説明はこちら!

これが適正株価だとすると、
現在の株価は417%割高ということになります。。

かなり割高になっておりますが、直近4年のフリーキャッシュフロー平均が1500億円程度で、
時価総額が7兆円を超えているので、当然の結果なのかもしれません。。


3.結論


・デュポンは大手化学品メーカーで農薬、工業用化学品が収益の柱。
2017年内にダウケミカルと合併し世界最大の化学品メーカーとなる見通し。

・2016年は売上2兆5000億円、純利益2500億円。
ドル高の影響で売上、純利益共に減少傾向。

・配当利回りは1.84%、2016年に減配、配当性向は52%で株主還元は微妙。

・理論株価は16ドル(2017年8月13日現在82.67ドル)で417%割高。。

業績が下落傾向にあり、株価もかなり割高ということで、
投資先としては少し微妙なところでしょうか。。

ダウとの合併で、どのように変わるか注目です!

理論株価一覧

Untitled spreadsheet
NYダウ銘柄
企業名 理論株価
(ドル)
現在株価
(ドル)
(2017/8/26現在)
割安度
割高度
連続増配
(2016年迄)
(5年以上のみ)
時価総額
(百万ドル)
(2017/8/26時点)
S&P格付
(2016/12/31時点)

アップル 138 159.86 16%  割高 5年 825,713 AA+
マイクロソフト 56 72.82 30%  割高 15年 562,208 AAA
ジョンソン エンド ジョンソン 104 131.68 27%  割高 54年 353,429 AAA
エクソンモービル 36 76.72 113%  割高 34年 325,071 AA+
JPモルガン・チェース 79 91.89 16%  割高 6年 323,358 -
ウォルマート・ストアーズ 125 78.63 -37%  割安 43年 237,030 AA
P&G 78 92.51 19%  割高 60年 235,902 AA-
GE 16 24.49 53%  割高 212,033 AA-
シェブロン (※) 108.23
29年 205,096 AA-
ベラゾンコミュニケーション 56 48.68 -13%  割安 12年 198,586 BBB+
ファイザー 36 33.39 -7%  割安 7年 198,582 AA
コカ・コーラ 33 45.57 38%  割高 54年 194,370 AA-
VISA 33 103.35 213%  割高 9年 189,065 A+
ユナイテッドヘルス・グループ 136 194.36 43%  割高 7年 187,919 A+
ホームデポ 68 149.65 120%  割高 7年 176,410 A
メルク 55 62.94 14%  割高 6年 171,660 AA
インテル 35 34.67 -1%  割安 163,261 A+
ウォルトディズニー 51 102.41 101%  割高 158,068 A
シスコシステムズ 38 31.44 -17%  割安 6年 157,202 AA-
ボーイング 155 235.89 52%  割高 6年 139,431 A
IBM 213 143.74 -33%  割安 21年 133,957 AA-
マクドナルド 74 158.82 115%  割高 41年 128,644 BBB+
3M 107 202.13 89%  割高 58年 120,625 AA-
ユナイテッドテクノロジーズ 55 115.07 109%  割高 23年 91,915 A-
ゴールドマンサックス 241 222.47 -8%  割安 6年 86,068 A+
アメックス 73 85.47 17%  割高 5年 75,554 BBB+
デュポン 16 82.66 417%  割高 71,733 A-
ナイキ 37 53.9 46%  割高 15年 70,725 AA-
キャタピラー 49 115.35 135%  割高 23年 68,169 A
トラベラーズ 192 126.47 -34%  割安 12年 34,899 -
(※)シェブロンは過去対象期間のフリーキャッシュフローがマイナスの為理論株価計算不可








NYダウ銘柄以外の主要バフェット銘柄
フィリップス66 32 83.42 161%  割高 5年 42,670 BBB+
ウェルズファーゴ 55 51.77 -6%  割安 6年 256,983 A








上記以外の りろんかぶお銘柄
AT&T 50 37.99 -24%  割安 33年 233,258 BBB+









以上

りろんかぶお

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

※当ブログで紹介する理論株価は、いくつかの前提条件をりろんかぶおが独自に設定している為、その前提条件次第では計算結果が異なってきます。また当ブログは、投資に関する情報を掲載していますが、特定の銘柄の売買を推奨するものではありません。また、読者が当ブログの情報を用いて行う投資判断の一切について責任を負うものではありません。


[ 2017/08/26 12:07 ] 5.理論株価&財務分析 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
PR
プロフィール

りろんかぶお

Author:りろんかぶお
【名前】:りろんかぶお
【出身】:千葉
【性格】:感情の起伏ゼロ。声低め。
【学歴】:東京大学大学院卒
【職業】:総合商社(M&A等)
【資格】:証券アナリスト
【趣味】:投資・麻雀・ランニング
【目標】:1億円を貯めて配当生活
【投資方針】:米国連続増配銘柄への長期投資
【投資デビュー】:大学3年生(小遣い稼ぎのつもりがぼろ負け。。)

プロフィール詳細はこちら

株式投資本の王道






















米国株人気ブログ紹介
ブログランキング
その他人気ブログはこちら