バフェット部-東大卒商社マンが理論株価を全力分析!

全ての株式投資家に通ずる永遠の問い、「なにをいつ買うか?」に徹底的に向き合うサイト!M&Aを手掛ける東大卒現役商社マン(証券アナリスト資格有)が理論株価を全力分析し、「割安価格」の正体を突き止める!

【ゴールドマンサックス】 平均ボーナス6,500万円企業の理論株価は?

rogo-2016-GS.png


こんにちは!
バフェット部のりろんかぶおです!

このブログではあらゆる企業の理論株価を広く共有し、
皆様の株式投資の判断材料の一つとしていただくことを目的としております!

今回の銘柄は、世界的金融グループである、

ゴールドマンサックス

です!

ゴールドマンサックスは、金融商品ブローカー、投資銀行業務、出資・貸付、ファンド業務などを生業とする会社ですが、
なんといっても圧倒的な給与水準の高さが有名です!

一時期、ゴールドマンサックス社員の平均ボーナスが6500万円という報道でも話題になりました・・・

次元が違いますね。。

また、日本でもエリート学生の間では常に就職人気トップで、
厳しい選考基準をクリアして同社の内定を勝ち取る人はとにかくずば抜けて頭が良い人ばかりです!

他方、給与の高さと引き換えに超激務ということでも有名です。。

りろんかぶおもゴールドマンサックスに努める大学時代の友人がいますが、毎日朝3時、4時頃まで働いているとのことでした。。

りろんかぶおが勤める商社でもM&Aを行う時にファイナンシャルアドバイザーとして、ゴールドマンサックスのような投資銀行を起用するのですが、
とにかく働き方が尋常じゃないです。

毎日のように真夜中にメールが飛び交ってました。。

彼らの仕事は、調査・分析などが主となるため、
顧客の要望に応じて徹底的に成果物の質を追求する為、
時間はいくらあっても足りないというような状況になります。。

そんな超エリート集団のゴールドマンサックスの過去10年間の株価推移は以下の通り(Yahooファイナンス抜粋)。
kabukaGS-2016-GS.png
今回も以下の順でゴールドマンサックス株を分析していきます。

目次
1.財務分析
2.理論株価
3.結論

詳細

1.財務分析
(1)売上高・純利益推移


uriage-2016-GS.png
売上は安定的に3兆円以上
純利益も6000~9000億円となっております。

2016年の営業利益構成比率は以下の通りです。
uriagekousei-2016-GS.png
最も構成比率の高い機関投資家向サービスは、
主に債券・株式・為替・コモディティのマーケット・メイキングを行うサービスです。

金融取引には、マーケットメイク方式とオークション方式の二種類があります。

一般的な市場での取引手法がオークション方式で、
買い手と売り手の注文のうち条件の合うものを市場内で連続して約定させていく方式です。

これに対し、マーケットメイク方式は、マーケットメイカー(証券会社や銀行等)が常時「売り気配」と「買い気配」を提示し、
最良気配を出しているマーケットメイカーの間で相対取引を行うものです。

オークション方式のように投資家と投資家が市場内で直接売買することはなく、
全ての取引はマーケットメイカーとの間で行われます。

マーケットメイク方式は常に気配が提示されているため、
オークション方式よりも流動性の確保に有効であるといわれております。

ゴールドマンサックスは投資銀行業務メインで儲けているのかと思ったのですが、
意外にもこうしたマーケットメイキングの利益が一番多いのですね。

次に地域別純利益構成比率を見ていきましょう。
uriagearea-2016-GS.png
北中南米が多いですが、グローバルに儲けておりますね!
ここら辺はさすがです!


(2)配当金推移

haito-2016-GS.png
配当利回りは、2017年8月22日現在で

1.35%!(低い!)

ゴールドマンサックスは連続増配年数も6年で、株主還元という意味ではいまいちですね。

配当性向にはまだまだ余裕があるので、今後株主還元を手厚くしてくれることを期待します!


2.理論株価


それでは、お待ちかねの理論株価です!

いつもはM&Aのファイナンシャルアドバイザーなどがメインで使用するDiscounted Cash Flow(DCF法)を使っていたのですが、
DCF法は莫大な借入を前提とする金融銘柄には適さない為、
今回は特別マルティプル法によって企業価値を計算しております。

今回は、純利益に、類似企業複数社の時価総額÷純利益(PER)の平均をかけることで計算しております。

マルティプル法によるゴールドマンサックスの理論株価は、










なんと

241ドルとなります!!(2017年8月22日現在220.79ドル)

これが適正株価だとすると、
現在の株価は8%割安ということになります!


3.結論


・ゴールドマンサックスは金融商品ブローカー、投資銀行業務、出資・貸付、ファンド業務を行うスーパーエリート集団!

・売上は安定的に3兆円以上、純利益も6000~9000億円

・配当利回りは1.35%、6年連続増配銘柄。株主還元は微妙。。

・マルティプル法(純利益×業界平均PER)による理論株価は241ドル(2017年8月22日現在220.79ドル)で8%割安!

会社の最大の資産はやはり「人」ですので、
世界一のスーパーエリート集団のゴールドマンサックスは今後も成長が期待できそうですね♪

理論株価一覧
Untitled spreadsheet
NYダウ銘柄
企業名 理論株価
(ドル)
現在株価
(ドル)
(2017/8/22現在)
割安度
割高度
連続増配
(2016年迄)
(5年以上のみ)
時価総額
(百万ドル)
(2017/8/22時点)
S&P格付
(2016/12/31時点)

アップル 138 157.21 14%  割高 5年 812,025 AA+
マイクロソフト 56 72.15 29%  割高 15年 557,035 AAA
ジョンソン エンド ジョンソン 104 133.45 28%  割高 54年 358,180 AAA
エクソンモービル 36 76.38 112%  割高 34年 323,630 AA+
JPモルガン・チェース 79 90.63 15%  割高 6年 318,924 -
ウォルマート・ストアーズ 125 79.71 -36%  割安 43年 240,286 AA
P&G 78 92.86 19%  割高 60年 236,794 AA-
GE 16 24.49 53%  割高 212,033 AA-
シェブロン (※) 105.78
29年 200,453 AA-
ベラゾンコミュニケーション 56 48.14 -14%  割安 12年 196,383 BBB+
コカ・コーラ 33 45.68 38%  割高 54年 194,839 AA-
ファイザー 36 32.76 -9%  割安 7年 194,835 AA
VISA 33 103.22 213%  割高 9年 188,828 A+
ユナイテッドヘルス・グループ 136 192.03 41%  割高 7年 185,666 A+
ホームデポ 68 149.2 119%  割高 7年 178,377 A
メルク 55 61.97 13%  割高 6年 169,014 AA
インテル 35 34.92 0%  割安 164,438 A+
ウォルトディズニー 51 101.17 98%  割高 156,154 A
シスコシステムズ 38 30.68 -19%  割安 6年 153,402 AA-
ボーイング 155 235.68 52%  割高 6年 139,307 A
IBM 213 140.33 -34%  割安 21年 130,779 AA-
マクドナルド 74 158.36 114%  割高 41年 128,271 BBB+
3M 107 204.55 91%  割高 58年 122,069 AA-
ユナイテッドテクノロジーズ 55 115.28 110%  割高 23年 92,083 A-
ゴールドマンサックス 241 220.79 -8%  割安 6年 85,418 A+
アメックス 73 85.3 17%  割高 5年 75,403 BBB+
デュポン 16 81.83 411%  割高 71,013 A-
ナイキ 37 53.61 45%  割高 15年 70,344 AA-
キャタピラー 49 113.6 132%  割高 23年 67,135 A
トラベラーズ 192 127.45 -34%  割安 12年 35,169 -
(※)シェブロンは過去対象期間のフリーキャッシュフローがマイナスの為理論株価計算不可








NYダウ銘柄以外の主要バフェット銘柄
フィリップス66 32 81.9 156%  割高 5年 41,892 BBB+
ウェルズファーゴ 55 51.82 -6%  割安 6年 257,231 A








上記以外の りろんかぶお銘柄
AT&T 50 37.58 -25%  割安 33年 230,741 BBB+









以上

りろんかぶお

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

※当ブログで紹介する理論株価は、いくつかの前提条件をりろんかぶおが独自に設定している為、その前提条件次第では計算結果が異なってきます。また当ブログは、投資に関する情報を掲載していますが、特定の銘柄の売買を推奨するものではありません。また、読者が当ブログの情報を用いて行う投資判断の一切について責任を負うものではありません。


[ 2017/08/22 22:28 ] 5.理論株価&財務分析 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
PR
プロフィール

りろんかぶお

Author:りろんかぶお
【名前】:りろんかぶお
【出身】:千葉
【性格】:感情の起伏ゼロ。声低め。
【学歴】:東京大学大学院卒
【職業】:総合商社(M&A等)
【資格】:証券アナリスト
【趣味】:投資・麻雀・ランニング
【目標】:1億円を貯めて配当生活
【投資方針】:米国連続増配銘柄への長期投資
【投資デビュー】:大学3年生(小遣い稼ぎのつもりがぼろ負け。。)

プロフィール詳細はこちら

株式投資本の王道






















米国株人気ブログ紹介
ブログランキング
その他人気ブログはこちら