バフェット部-東大卒商社マンが理論株価を全力分析!

全ての株式投資家に通ずる永遠の問い、「なにをいつ買うか?」に徹底的に向き合うサイト!M&Aを手掛ける東大卒現役商社マン(証券アナリスト資格有)が理論株価を全力分析し、「割安価格」の正体を突き止める!理論株価を計算してほしい企業のリクエストも受付けますので各記事最下部コメント欄を通じてどしどしご連絡を!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【ゴールドマンサックス】 投資銀行業界の超エリートの理論株価は?

rogo-2016-GS.png


<りろんかぶおコメント>
・りろんかぶおは、以前仕事でファイナンシャルアドバイザーとしてGSを起用させていただいたことがありますが、GSは報酬が他社と比べて高いもののやはりクオリティは高いという印象(優秀な人が多い)。
・一方、業務内容的には競合他社との明確な差別化が難しく、やはり「担当者がいかに優秀か」に尽きる業界。
・他にも魅力的な会社がたくさんある中、将来も優秀な人を集められるかといったところはかなり不透明であり、競争力を維持することが難しい業界との認識。(←超長期投資には不向き?)

<理論株価>
209.25ドル(2017年12月31日時点)
※1 直近3年間のフリーキャッシュフローの平均が今後半永久的に続くと仮定し、Discounted Cash Flow(DCF)法で計算。
※2 DCF法の概要はこちらご参照。

NYダウ銘柄理論株価一覧はこちらご参照ください!

<セグメント毎ビジネスモデル>
1. 投資銀行業務
ファイナンシャルアドバイザリー(M&A助言等)、資本調達支援

2. 機関投資家向サービス
債券・株式・為替・コモディティのマーケット・メイキング(※)を行うサービス

(※) 金融取引には、マーケットメイク方式とオークション方式の二種類あり。一般的な市場での取引手法がオークション方式で、買い手と売り手の注文のうち条件の合うものを市場内で連続して約定させていく方式。
これに対し、マーケットメイク方式は、マーケットメイカー(証券会社や銀行等)が常時「売り気配」と「買い気配」を提示し、最良気配を出しているマーケットメイカーの間で相対取引を行うもの。オークション方式のように投資家と投資家が市場内で直接売買することはなく、全ての取引はマーケットメイカーとの間で行われる。マーケットメイク方式は常に気配が提示されているため、オークション方式よりも流動性の確保に有効であるといわれている。

3. 投資・貸付業務
投資及び貸付。

4. 投資信託・ファンド
自社で投資信託を作り、資金を集め、運用手数料(信託報酬)をとるビジネス。

<決算情報>
・売上は32,073百万ドルと前年対比5%増加、投資銀行業務及び投資・貸付業務が牽引し、一部機関投資家向けサービスの減収が相殺。
・純利益は4,286百万ドルで前年対比42%減、米国税法改正による一時的な税負担増(▲4,400百万ドル規模)の影響。税負担の影響を除けば増益。

<財務情報>
kabuka-GS-2017.png
uriage-GS-2017.png
CF-GS-2017.png
ROE-GS-2017.png
EPS-GS-2017.png
seg -GS-2017
area -GS-2017
haito-GS-2017.png
haitoseiko-GS-2017.png




以上

りろんかぶお

その他の人気記事はこちら↓
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

※当ブログで紹介する理論株価は、いくつかの前提条件をりろんかぶおが独自に設定している為、その前提条件次第では計算結果が異なってきます。また当ブログは、投資に関する情報を掲載していますが、特定の銘柄の売買を推奨するものではありません。また、読者が当ブログの情報を用いて行う投資判断の一切について責任を負うものではありません。




[ 2018/12/01 16:06 ] 5.理論株価&財務分析 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
PR
プロフィール

りろんかぶお

Author:りろんかぶお
【名前】:りろんかぶお
【出身】:千葉
【性格】:感情の起伏ゼロ。声低め。
【学歴】:東京大学大学院卒
【職業】:総合商社(M&A等)
【資格】:証券アナリスト
【趣味】:投資・麻雀・ランニング
【目標】:1億円を貯めて配当生活
【投資方針】:米国連続増配銘柄への長期投資
【投資デビュー】:大学3年生(小遣い稼ぎのつもりがぼろ負け。。)

プロフィール詳細はこちら

株式投資本の王道






















米国株人気ブログ紹介
ブログランキング
その他人気ブログはこちら


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。