バフェット部-東大卒商社マンが理論株価を全力分析!

全ての株式投資家に通ずる永遠の問い、「なにをいつ買うか?」に徹底的に向き合うサイト!M&Aを手掛ける東大卒現役商社マン(証券アナリスト資格有)が理論株価を全力分析し、「割安価格」の正体を突き止める!

【シェブロン】 スーパーメジャーの一角の理論株価は?

rogo-2016-CVX.png


こんにちは!
バフェット部のりろんかぶおです!

このブログではあらゆる企業の理論株価を広く共有し、
皆様の株式投資の判断材料の一つとしていただくことを目的としております!

今回の銘柄は、スーパーメジャーと呼ばれる世界6大石油ガス会社の一つ

シェブロン

です!

シェブロンは、エネルギー資源の探鉱・生産、輸送、精製、販売までの事業を垂直統合で行っており、
世界180ヶ国以上でビジネス展開している超グローバル企業です。

そんなシェブロンの過去10年間の株価推移は以下の通り(Yahooファイナンス抜粋)。
kabuka-2016-CVX.png
今回も以下の順でシェブロン株を分析していきます。

目次
1.財務分析
2.理論株価
3.結論

詳細

1.財務分析
(1)売上高・純利益推移


uriage-2016-CVX.png
2014年末の油価暴落以降の2015年、2016年は大幅に売上が下落し、
2016年には赤字転落(-497百万ドル)しております。

油価は一時期70%以上も下落し、現在も油価は50ドル/bblを下回る価格(暴落直前は100ドル/bbl程)で推移している為、
石油ガス企業には厳しい環境が続きます。

以前セミナーでシェブロンの方と一緒になった時に、現在の状況について聞いてみたところ

「コスト削減が奏功して油価50ドル/bblあれば生き残れる体質にはなっている」

といっておりました。

これは逆に、現在の50ドル/bblを下回る価格では、なかなか利益を出すことが難しいということですね。

りろんかぶおも石油ガス業界で仕事をしておりますが、
開発コストの比較的高いシェール系の石油ガスの損益分岐点が60ドル/bbl程とのことなので、
油価がその損益分岐点を超えると一気にシェール系の石油ガスの生産が活発化し供給が増える(価格下落圧力がかかる)為、油価は今後も当分は60ドル/bblを下回る価格で推移する、という見方が大勢です。

また2016年の純利益構成(百万ドル)は以下の通りです。

上流 :-2,537百万ドル
下流 :3,435百万ドル
コーポレート:-1,395百万ドル

ちなみにここでいう上流とは、エネルギー資源の探鉱・生産に当たるところで、
下流は石油製品の販売(ガソリンスタンド等)に当たるところです。

上流部門は、地下・海底下に油田があることを推測して実際に掘ってみるのですが、
掘ってみたら全然油田がなかった、等の当りはずれがあるので、
技術的にもものすごく参入障壁が高いですし、
莫大な資本がないとなかなか手を付けられる領域ではありません。

リスクや参入障壁が高い分、上流部門で成功できるノウハウを持っているスーパーメジャーは、
莫大な利益を得ることができるのです。

但し、純利益構成を見てもわかる通り、2016年では上流での利益が大幅な赤字となっております。

下流部門は石油を仕入れて販売するのが仕事なので、油価が下がると仕入れコストが下がるので業績はあまり影響を受けないのですが、
上流部門は開発コストが変わらないのに油価が急に大暴落したら、大打撃を受けます。。(泣)

地域別純利益(2016年)は以下の通りです。

米国:-747百万ドル
その他海外:1,645百万ドル
コーポレート:-1,395百万ドル

米国では比較的開発コストの高いシェール系資産が多いですから、
これによって米国でマイナスになってしまってますね。。


(2)配当金推移

haito-2016-CVX.png
配当利回りは、2017年8月20日現在で

4.08%!(高い!)

しかもシェブロンはなんと29年連続増配銘柄です!

但しシェブロンでは配当金を出すために、年間8000億円程を拠出しております。

Cash Flow表を見ると、本業でしっかり稼げない状況下、配当金を出すためにほぼ同額を借金して配当を払っている状況です。。

体力のある会社ですから今後も増配を続けてくれるとは思いますが、低油価が続くとちょっとどうなるか。。というところですね。


2.理論株価


お待ちかねの理論株価なのですが、シェブロンの今の業績からでは理論株価を計算できない状況です。。

当ブログで用いているDiscounted Cash Flow(DCF法)では、フリーキャッシュフローを基に理論株価を計算しているのですが、
シェブロンの直近4年間のフリーキャッシュフローの平均がマイナスとなってしまうことが原因です。。

すみません。。

※DCF法の概要説明はこちら!


3.結論


・シェブロンは石油ガスの探鉱・生産・輸送・精製・販売を垂直統合で手掛けるスーパーメジャーの一社。

・2014年末以降の油価低迷により、2016年の純利益は赤字転落(-497百万ドル)。

・配当利回りは4.08%、29年連続増配銘柄なるも、近年の利益低迷でキャッシュフローは悪化気味。

・過去4年間のフリーキャッシュフロー平均がマイナスとなってしまい理論株価は計算できず。。(すみません)

キャッシュフローが結構厳しくなってきているので、油価の低迷が続くと大丈夫かなと少し不安になってしまいますが、巨大企業でありますので今後も要注視ですね!

理論株価一覧
Untitled spreadsheet
NYダウ銘柄
企業名 理論株価
(ドル)
現在株価
(ドル)
(2017/8/20現在)
割安度
割高度
連続増配
(2016年迄)
(5年以上のみ)
時価総額
(百万ドル)
(2017/8/20時点)
S&P格付
(2016/12/31時点)

アップル 138 157.5 14%  割高 5年 813,523 AA+
マイクロソフト 56 72.49 29%  割高 15年 559,660 AAA
ジョンソン エンド ジョンソン 104 132.63 28%  割高 54年 355,979 AAA
エクソンモービル 36 76.64 113%  割高 34年 324,732 AA+
JPモルガン・チェース 79 90.74 15%  割高 6年 319,311 -
ウォルマート・ストアーズ 125 79.31 -37%  割安 43年 239,080 AA
P&G 78 92.47 19%  割高 60年 235,800 AA-
GE 16 24.55 53%  割高 212,553 AA-
シェブロン (※) 106.48
29年 201,780 AA-
コカ・コーラ 33 45.67 38%  割高 54年 194,796 AA-
ベラゾンコミュニケーション 56 47.69 -15%  割安 12年 194,547 BBB+
ファイザー 36 32.67 -9%  割安 7年 194,300 AA
VISA 33 102.51 211%  割高 9年 187,529 A+
ユナイテッドヘルス・グループ 136 190.82 40%  割高 7年 184,496 A+
ホームデポ 68 147.49 117%  割高 7年 176,332 A
メルク 55 61.49 12%  割高 6年 167,705 AA
インテル 35 35.01 0%  割高 164,862 A+
ウォルトディズニー 51 100.7 97%  割高 155,429 A
シスコシステムズ 38 30.37 -20%  割安 6年 151,852 AA-
ボーイング 155 235.77 52%  割高 6年 139,360 A
IBM 213 139.7 -34%  割安 21年 130,192 AA-
マクドナルド 74 157.76 113%  割高 41年 127,785 BBB+
3M 107 203.53 90%  割高 58年 121,460 AA-
ユナイテッドテクノロジーズ 55 115.48 110%  割高 23年 92,242 A-
ゴールドマン・サックス 241 222.15 -8%  割安 6年 85,944 A+
アメックス 73 85.38 17%  割高 5年 75,474 BBB+
ナイキ 37 54.95 49%  割高 15年 72,103 AA-
デュポン 16 81.18 407%  割高 70,448 A-
キャタピラー 49 113.92 132%  割高 23年 67,324 A
トラベラーズ 192 127.89 -33%  割安 12年 35,291 -
(※)シェブロンは過去対象期間のフリーキャッシュフローがマイナスの為理論株価計算不可








NYダウ銘柄以外の主要バフェット銘柄
フィリップス66 32 81.56 155%  割高 5年 41,718 BBB+
ウェルズファーゴ 55 51.68 -6%  割安 6年 256,536 A








上記以外の りろんかぶお銘柄
AT&T 50 37.37 -25%  割安 33年 229,451 BBB+









以上

りろんかぶお

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

※当ブログで紹介する理論株価は、いくつかの前提条件をりろんかぶおが独自に設定している為、その前提条件次第では計算結果が異なってきます。また当ブログは、投資に関する情報を掲載していますが、特定の銘柄の売買を推奨するものではありません。また、読者が当ブログの情報を用いて行う投資判断の一切について責任を負うものではありません。



[ 2017/08/20 13:42 ] 5.理論株価&財務分析 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
PR
プロフィール

りろんかぶお

Author:りろんかぶお
【名前】:りろんかぶお
【出身】:千葉
【性格】:感情の起伏ゼロ。声低め。
【学歴】:東京大学大学院卒
【職業】:総合商社(M&A等)
【資格】:証券アナリスト
【趣味】:投資・麻雀・ランニング
【目標】:1億円を貯めて配当生活
【投資方針】:米国連続増配銘柄への長期投資
【投資デビュー】:大学3年生(小遣い稼ぎのつもりがぼろ負け。。)

プロフィール詳細はこちら

株式投資本の王道






















米国株人気ブログ紹介
ブログランキング
その他人気ブログはこちら