バフェット部-東大卒商社マンが理論株価を全力分析!

全ての株式投資家に通ずる永遠の問い、「なにをいつ買うか?」に徹底的に向き合うサイト!M&Aを手掛ける東大卒現役商社マン(証券アナリスト資格有)が理論株価を全力分析し、「割安価格」の正体を突き止める!

【ディズニー】 世界中で愛されるテーマパークの理論株価は?(2017年)

rogo-DIS-2016.png


こんにちは!
バフェット部のりろんかぶおです!

このサイトではあらゆる企業の財務分析及び理論株価を広く共有し、
「どの銘柄を、いつ買えばいいのか?」の判断材料の一つとしていただくことを目的としております!

今回の銘柄は、日本でも人気が衰えるところを知らない

ディズニー

です!

りろんかぶおは以前米国に駐在していた時に、ロサンゼルスとフロリタにあるディズニーランド両方行ってきました!

ロサンゼルスはほぼ東京ディズニーランドと同じ!!
東京ディズニーランドも、よくここまで真似たなあと思うくらい同じでした!

フロリダは大晦日に行ったのですが、シンデレラ城のバックにあがるカウントダウン花火が異次元のレベルでした。

やっぱりアメリカはレベルが違うなーと痛感させられた旅行となりました。

そんなディズニーの直近10年間の株価推移は以下の通り(Yahooファイナンス抜粋)。

kabuka-2017-DIS.png

今回も以下の順でディズニー株を分析していきます。

目次
1. 財務分析
2. 配当及び自社株買い
3. 理論株価
4. 結論






1.財務分析


uriage-2017-DIS.png

2017年の純利益は8,980百万ドルで、
前年対比で4.4%減少しております。

これには以下3つの要因があります。
① メディア事業(TV等)における広告収入減、及びディズニー傘下のBAMTechやHuluの業績不振
② 映画・音楽関連で、昨年はスターウォーズ公開による一過性の収益があったことによる減収
③ グッズ販売の減少

また営業利益構成比率は以下の通りです。

uriagekousei-2017-DIS.png

イメージとしては、ディズニーランド(テーマパーク)の入場料が収益の柱かと勘違いされやすいですが、
一番の稼ぎ頭はメディア事業(TV等)です!

ディズニーは、米国でディズニーチャンネルを持っているのと、
ディズニーとはあまり関係のない、スポーツ番組で有名なESPN等も保有しております!

また、最近ではネット動画配信にも意欲を示しており、
2018年春以降にはESPNを、2019年以降にはディズニーチャンネルを個人向けにネット配信予定です。

テレビ離れが加速している状況下、時代の流れに合わせてビジネスモデルを変遷させております。

その他にも、ディズニーは定期的に大ヒットの映画を出していますし、
事業のポートフォリオとしてはバランスよく稼いでいる感じですね。

また、ディズニーはパリ、上海、香港にあるディズニーランドに出資参画しております!

この三都市に関しては実際に出資を行って経営にも関与しておりますが、
東京ディズニーランドに関しては、ライセンス契約で経営には関与せず、ライセンス収入のみ得ている状況です。

但し売上の7割以上は北米に依存している状況です。


2.配当及び自社株買い

haito-2017-DIS ver2
haitoseiko-2017-DIS.png

配当利回りは、2017年11月16日現在で

1.58%!(低い。。)

一方で、ディズニーは自社株買いをたくさん行っている企業です。

純利益に対する、配当と自社株買いの合計金額の比率はなんと100%を超えております。

また、配当と自社株買いを合わせた株主還元総額の利回りは7.26%となります!

どうしても配当に目が行きがちですが、
株主還元としては自社株買いもしっかり見ていく必要があります。


3.理論株価


それでは、お待ちかねの理論株価です!

理論株価の計算には、
M&Aのファイナンシャルアドバイザーなどがメインで使用するDiscounted Cash Flow(DCF法)を使います。

ディズニーの過去3年間のフリーキャッシュフローの平均が、
今後も永久に続くと仮定した場合、
DCF法による理論株価は、










なんと

50ドルとなります!!(2017年11月16日現在103.69ドル)

※ DCF法の概要説明はこちら!

これが適正株価だとすると、
現在の株価は107%割高ということになります。。


4. 結論


・ディズニーはメディア事業(TV等)、テーマパーク、映画・音楽、グッズ販売でバランスよく稼ぐビジネスモデル。。

・2017年は売上55,137百万ドル、純利益8,980百万ドル。

・配当利回りは1.58%なるも、配当と自社株買いを合わせた株主還元総額の利回りは7.26%(共に2017年11月16日現在)。

・理論株価は50ドル(2017年11月16日現在103.69ドル)で107%割高。。

素晴らしい企業であることに間違いはないのですが、いかんせん株価が高すぎますね。。
株価がもっと下がった時に購入したいですね♪

NYダウ銘柄理論株価一覧はこちらご参照ください!

以上

りろんかぶお

今後も皆様にとって有意義な情報をお届けできるよう精進致します!
もしよろしければ応援のポチをお願い致します!
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

※当ブログで紹介する理論株価は、いくつかの前提条件をりろんかぶおが独自に設定している為、その前提条件次第では計算結果が異なってきます。また当ブログは、投資に関する情報を掲載していますが、特定の銘柄の売買を推奨するものではありません。また、読者が当ブログの情報を用いて行う投資判断の一切について責任を負うものではありません。

[ 2017/11/16 22:17 ] 5.理論株価&財務分析 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
PR
プロフィール

りろんかぶお

Author:りろんかぶお
【名前】:りろんかぶお
【出身】:千葉
【性格】:感情の起伏ゼロ。声低め。
【学歴】:東京大学大学院卒
【職業】:総合商社(M&A等)
【資格】:証券アナリスト
【趣味】:投資・麻雀・ランニング
【目標】:1億円を貯めて配当生活
【投資方針】:米国連続増配銘柄への長期投資
【投資デビュー】:大学3年生(小遣い稼ぎのつもりがぼろ負け。。)

プロフィール詳細はこちら

株式投資本の王道






















米国株人気ブログ紹介
ブログランキング
その他人気ブログはこちら