バフェット部-東大卒商社マンが理論株価を全力分析!

全ての株式投資家に通ずる永遠の問い、「なにをいつ買うか?」に徹底的に向き合うサイト!M&Aを手掛ける東大卒現役商社マン(証券アナリスト資格有)が理論株価を全力分析し、「割安価格」の正体を突き止める!

【VISA】 クレジットカード業界を牛耳る企業の理論株価は?(2017年)

rogo-V-2016.png


こんにちは!
バフェット部のりろんかぶおです!

このブログではあらゆる企業の財務分析及び理論株価を広く共有し、
「どの銘柄を、いつ買えばいいのか?」の判断材料の一つとしていただくことを目的としております!

今回の銘柄はクレジットカードで知らない人はいない

VISA

です!

クレジットカードを選ぶなら、なんといっても世界中どこでも使えるVISAを選びますよね?

このようなユーザー心理がVISAの強力なブランドを作り出しており、
とてつもない競争力をもたらしています。

VISAは、バフェットの好きな深い「堀」をもった盤石な企業の一つといえると思います!

VISAの株価推移は以下の通り(Yahooファイナンス抜粋)。

kabuka-V-2017.png

今回も以下の順でVISA株を分析していきます。

目次
1. 財務分析
2. 理論株価
3. 結論
4. NYダウ銘柄理論株価一覧






1.財務分析
(1)売上高・純利益推移


uriage-2017-V.png

VISAはすでに世界中で誰もが使うような企業ですが、
株価と同じく売り上げも右肩上がりです。

2017年も取扱高増が売上高を押し上げております。

アメリカでのクレジットカード社会(現金不要社会)を体験すると、
日本でもまだまだクレジットカードの利用は増える余地があると思いますし、
世界を見渡せば潜在需要はまだまだ計り知れないほどあると思われます。

そしてVISAはクレジットカードの取扱高の約62%を占めます。(2016年 VISA Annual Report参照)
ほぼ独占状態ですね。

取扱高が今後も増えれば増える程、
独占状態のVISAは同じビジネスモデルを継続するだけでどんどん利益が増えていきます。

次に売上高の構成比率を見ていきましょう。
uriagekousei-2017-V.png

VISAは個人向けのカード発行及び、お店側への販促は下請け企業に外注しており、
基本的にはこれら下請け企業に対してクレジットカードを使うための機能を提供することで、
カード利用高に応じた収入を得ております。
(これがメインの収入となるService RevenueとData Processing)

一方でAmerican Expressなどはカード発行、お店側への販促なども自社で行い、
収入源はカード利用高に応じたお店からDiscount Feeとなります。

つまりVISAとAmerican Expressでは収入をもらう相手が違いビジネスモデルが異なります。


次に地域別総取扱高を見てみましょう。
uriagearea-2017-V.png

全世界で幅広く使われていることがわかります。
グローバルでも確固とした地位を確立していますね。


(2)配当金・自社株買い推移

haito-2017-V.png

配当利回りは、2017年10月27日現在で

0.73%!(低い。。)

VISAは10年連続で増配中なので、決して配当をおろそかにしている企業ではありませんが、
急激に株価が増加してきているので、配当がそれに追いついていない印象です。

一方で、VISAは自社株買いをたくさん行っている企業です。
配当と自社株買いを合わせた株主還元総額の利回りは3.68%となり、魅力的な株主還元を行っていることがわかります!

どうしても配当に目が行きがちですが、
自社株買いもしっかり見ていく必要があります。


2.理論株価


それでは、お待ちかねの理論株価です!

理論株価の計算には、
M&Aのファイナンシャルアドバイザーなどがメインで使用するDiscounted Cash Flow(DCF法)を使います。

VISAの過去3年間のフリーキャッシュフローの平均が、
今後も永久に続くと仮定した場合、
DCF法による理論株価は、










なんと

42ドルとなります!!(2017年10月27日現在109.80ドル)

※ DCF法の概要説明はこちら!

これが適正株価だとすると、
現在の株価は161%割高ということになります。。

但し、VISAの将来は有望すぎるので、かなりの成長期待が株価に織り込まれていることは、
合理的とも言えます。


3.結論


・VISAは世界で強力なブランドを築いており、クレジットカード業界をほぼ独占状態。

・2017年は売上18,358百万ドル、純利益6,699百万ドル。

・10年連続増配、配当と自社株買いを合わせた株主還元総額の利回りは3.68%(2017年10月27日現在)。

・理論株価は42ドル(2017年10月27日現在109.80ドル)で161%割高。。但し、VISAの成長を織り込むと理論株価はもっと高くなるはず。

シンプルなビジネスモデルで、将来の明るい業界での独占企業なのでとても魅力的ですので、
株価がもっと下がった時に購入したいですね♪

以下の記事を見てもVISAの魅力がわかると思います。
NYダウの中でも最強銘柄の一つだと思います。

NYダウ銘柄営業利益率ランキング!営業利益率に見る優れたビジネス!

設備投資額が少ない企業ランキング~大量の資本が不要なビジネスがあなたを金持ちにする by バフェット~


4. NYダウ銘柄理論株価一覧

(一覧表は随時アップデート中!最新版はこちら!
スマホで御閲覧の方はトップ画面から最新記事をクリックいただき最下段ご参照ください)





Untitled spreadsheet
NYダウ銘柄
企業名(時価総額順)
※カッコ内はS&P格付け
※企業名クリックで
財務分析が見れます
理論株価 現在株価
(ドル)
(2017/10/27)
割安度
割高度
連続増配
(5年以上のみ)
時価総額
(百万ドル)
(2017/10/27)
最新決算年
純利益
(百万ドル)
実績PER
Apple (AA+) 138 157.41 14%  高 5年 813,059 45,687 17.80
Microsoft (AAA) 36 78.76 119%  高 15年 607,667 21,204 28.66
Johnson & Johnson (AAA) 104 141.81 36%  高 54年 380,618 16,540 23.01
Exxon Mobil (AA+) 36 83.47 132%  高 34年 353,671 7,840 45.11
JP Morgan Chase (-) 79 101.74 29%  高 6年 353,007 24,733 14.27
Walmart (AA) 122 88.62 -27%  安 44年 264,726 13,643 19.40
Visa (A+) 42 109.80 161%  高 10年 249,746 6,699 37.28
Chevron (AA-) (※1) 118.44 - 29年 224,444 -497 NA
P&G (AA-) 77 87.50 14%  高 61年 221,984 15,326 14.48
Pfizer (AA) 36 35.74 -1%  安 7年 212,558 7,215 29.46
United Health (A+) 136 209.15 54%  高 7年 202,219 7,017 28.82
Verizon (BBB+) 56 48.89 -13%  安 12年 199,442 13,608 14.66
Home Depot (A) 68 167.65 147%  高 7年 197,629 7,957 24.84
Coca Cola (AA-) 33 46.23 40%  高 54年 197,185 6,527 30.21
Intel (A+) 35 41.35 18%  高 194,304 10,316 18.84
GE (AA-) 16 21.32 33%  高 184,587 8,831 20.90
DowDuPont (-) (※2) 73.05 - - 170,643 - -
Cisco Systems (AA-) 42 34.27 -18%  安 6年 169,698 9,609 17.66
Merk (AA) 55 61.99 13%  高 6年 169,069 3,920 43.13
Boeing (A) 155 259.27 67%  高 6年 154,416 4,895 31.55
Walt Disney (A) 51 98.56 93%  高 152,125 9,391 16.20
IBM (AA-) 213 153.60 -28%  安 21年 142,234 11,872 11.98
3M (AA-) 107 232.94 118%  高 58年 138,741 5,050 27.47
McDonald (BBB+) 74 164.01 122%  高 41年 132,848 4,687 28.34
United Technologies (A-) 55 119.93 118%  高 23年 95,770 5,055 18.95
Goldman Sachs (A+) 241 241.72 0%  高 6年 93,516 7,398 12.64
Nike (AA-) 34 56.81 67%  高 15年 92,687 4,240 21.86
American Express (BBB+) 73 95.69 31%  高 5年 83,059 5,408 15.36
Caterpillar (A) 49 136.94 179%  高 23年 80,928 -67 NA
Travelers (-) 192 131.94 -31%  安 12年 36,111 3,014 11.98
(※1)シェブロンは過去対象期間のフリーキャッシュフローがマイナスの為理論株価計算不可
(※2)ダウデュポンは2017年9月設立のため理論株価計算不可










NYダウ平均株価 16,335.64 23,400.86 43%  高 - 6,568,691 287,118 22.88
(※)シェブロン及びダウデュポンは現在株価を使用。


以上

りろんかぶお

今後も皆様にとって有意義な情報をお届けできるよう精進致します!
もしよろしければ応援のポチをお願い致します!
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

※当ブログで紹介する理論株価は、いくつかの前提条件をりろんかぶおが独自に設定している為、その前提条件次第では計算結果が異なってきます。また当ブログは、投資に関する情報を掲載していますが、特定の銘柄の売買を推奨するものではありません。また、読者が当ブログの情報を用いて行う投資判断の一切について責任を負うものではありません。




[ 2017/10/27 11:03 ] 5.理論株価&財務分析 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
PR
プロフィール

りろんかぶお

Author:りろんかぶお
【名前】:りろんかぶお
【出身】:千葉
【性格】:感情の起伏ゼロ。声低め。
【学歴】:東京大学大学院卒
【職業】:総合商社(M&A等)
【資格】:証券アナリスト
【趣味】:投資・麻雀・ランニング
【目標】:1億円を貯めて配当生活
【投資方針】:米国連続増配銘柄への長期投資
【投資デビュー】:大学3年生(小遣い稼ぎのつもりがぼろ負け。。)

プロフィール詳細はこちら

株式投資本の王道






















米国株人気ブログ紹介
ブログランキング
その他人気ブログはこちら