バフェット部-東大卒商社マンが理論株価を全力分析!

全ての株式投資家に通ずる永遠の問い、「なにをいつ買うか?」に徹底的に向き合うサイト!M&Aを手掛ける東大卒現役商社マン(証券アナリスト資格有)が理論株価を全力分析し、「割安価格」の正体を突き止める!

【アップル】 時価総額世界最大企業の理論株価とは?(2017年)

rogo-AAPL-2016.png

こんにちは!
バフェット部のりろんかぶおです!

このサイトではあらゆる企業の財務分析及び理論株価を広く共有し、
「どの銘柄を、いつ買えばいいのか?」の判断材料の一つとしていただくことを目的としております!

今回の銘柄は、時価総額世界1位、もはや世界中で知らない人はいないであろう

アップル

です!

アップルといえばりろんかぶおもiPhoneを愛用していますし、
スティーブジョブスジョブスで有名ですよね。

2016年にはバフェット率いるバークシャーハサウェイ
アップル株を購入したことでも話題になりました。

アップルの直近10年間の株価推移は以下の通り(Yahooファイナンス抜粋)。

kabuka-AAPL-2017.png

今回も以下の順でアップル株を分析していきます。

目次
1. 財務分析
2. 配当及び自社株買い
3. 理論株価
4. 結論






1.財務分析

uriage-AAPL-2017.png

売上、純利益は前年対比で増加しております。
税引後の純利益で5兆円規模あるとはさすが世界一の企業ですね。

また、売上高に対する純利益の比率が20%を超えており、
驚異的な利益率を誇っております。

uriagekousei-AAPL-2017ver2.png

売上高構成比率を見ると、アップルの売上の61.6%をiPhoneの販売が占めております。
携帯情報端末というのは今後も半永久的に人々に使われ続けるものと思われますし、
その分野で圧倒的なブランド力を誇るアップルというのはとても魅力的な企業です。

バフェットは、アップル株購入理由の一つにiPhoneの顧客への「粘着力」と述べており、
既存顧客を離さずに、顧客を拡大していくだろうとみております。

また売上のほとんどをiPhone販売であげているあたりも、
シンプルなビジネスモデルが好きなバフェットの好む企業といえるでしょう。

uriagearea-AAPL-2017ver2.png

地域別売上高を見ると、さすが米国のグローバル企業で、
アジア、欧州、アフリカ、南米と全世界でもまんべんなく儲けております。


2.配当及び自社株買い

haito-AAPL-2017.png

配当利回りは、2017年11月3日現在で

1.49%!(低い。。)

アップルは連続増配も6年ですし、
正直ちょっと物足りないですね。

一方で、アップルは自社株買いをたくさん行っている企業です。
配当と自社株買いを合わせた株主還元総額の利回りは5.24%となります!

どうしても配当に目が行きがちですが、
株主還元としては自社株買いもしっかり見ていく必要があります。


3.理論株価


それでは、お待ちかねの理論株価です!

理論株価の計算には、
M&Aのファイナンシャルアドバイザーなどがメインで使用するDiscounted Cash Flow(DCF法)を使います。

アップルの過去3年間のフリーキャッシュフローの平均が、
今後も永久に続くと仮定した場合、
DCF法による理論株価は、










なんと

117ドルとなります!!(2017年11月3日現在168.11ドル)

※ DCF法の概要説明はこちら!

これが適正株価だとすると、
現在の株価は44%割高ということになります。。

バークシャーハサウェイがアップル株を購入したときはまだ90ドル台でしたから、さすがバフェットといわざるを得ませんね。


4. 結論


・時価総額世界1位のアップルは世界で強力なブランドを築いており、主力のiPhoneが売上の半分以上を占める。

・2017年は売上229,234百万ドル、純利益48,351百万ドル。

・6年連続増配、配当と自社株買いを合わせた株主還元総額の利回りは5.24%(2017年11月3日現在)。

・理論株価は117ドル(2017年11月3日現在168.11ドル)で44%割高。。

シンプルなビジネスモデルで、将来の明るい業界で圧倒的なブランド力を誇る企業ですので、
株価がもっと下がった時に購入したいですね♪

NYダウ銘柄理論株価一覧はこちらご参照ください!

以上

りろんかぶお

今後も皆様にとって有意義な情報をお届けできるよう精進致します!
もしよろしければ応援のポチをお願い致します!
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

※当ブログで紹介する理論株価は、いくつかの前提条件をりろんかぶおが独自に設定している為、その前提条件次第では計算結果が異なってきます。また当ブログは、投資に関する情報を掲載していますが、特定の銘柄の売買を推奨するものではありません。また、読者が当ブログの情報を用いて行う投資判断の一切について責任を負うものではありません。




[ 2017/11/03 10:40 ] 5.理論株価&財務分析 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
PR
プロフィール

りろんかぶお

Author:りろんかぶお
【名前】:りろんかぶお
【出身】:千葉
【性格】:感情の起伏ゼロ。声低め。
【学歴】:東京大学大学院卒
【職業】:総合商社(M&A等)
【資格】:証券アナリスト
【趣味】:投資・麻雀・ランニング
【目標】:1億円を貯めて配当生活
【投資方針】:米国連続増配銘柄への長期投資
【投資デビュー】:大学3年生(小遣い稼ぎのつもりがぼろ負け。。)

プロフィール詳細はこちら

株式投資本の王道






















米国株人気ブログ紹介
ブログランキング
その他人気ブログはこちら