バフェット部-東大卒商社マンが理論株価を全力分析!

全ての株式投資家に通ずる永遠の問い、「なにをいつ買うか?」に徹底的に向き合うサイト!M&Aを手掛ける東大卒現役商社マン(証券アナリスト資格有)が理論株価を全力分析し、「割安価格」の正体を突き止める!

NYダウ 低PBRランキング

NYダウ 低PBRランキング (2018年1月7日時点)

Untitled spreadsheet

NYダウ銘柄低PBRランキング
(企業名クリックで財務分析が閲覧可能)


企業名
※カッコ内はS&P格付
時価総額
(百万ドル)
(18/1/7)
純資産
(直近四半期末)
実績
PBR

1 Goldman Sachs (A+) 96,877 86,292 1.12
2 JP Morgan (-) 378,339 258,382 1.46
3 Travelers (-) 36,237 23,738 1.53
4 Chevron (AA-) 244,089 146,713 1.66
5 Exxon Mobil (AA+) 367,357 182,276 2.02
6 GE (AA-) 160,694 76,105 2.11
7 United Technologies (A-) 104,173 45,298 2.30
8 Cisco (AA-) 192,752 66,137 2.91
9 Intel (A+) 207,932 70,936 2.93
10 Pfizer (AA) 219,294 60,770 3.61
11 Walmart (AA) 294,875 76,389 3.86
12 Merk (AA) 155,429 39,463 3.94
13 Walt Disney (A) 169,162 42,531 3.98
14 American Express(BBB+) 86,409 21,085 4.10
15 P&G (AA-) 231,320 54,818 4.22
16 United Health (A+) 217,507 45,298 4.80
17 Johnson&Johnson (AAA) 377,590 73,979 5.10
18 Caterpillar (A) 93,571 15,627 5.99
19 Apple (AA+) 876,144 134,047 6.54
20 Microsoft (AAA) 672,018 89,647 7.50
21 IBM (AA-) 149,700 19,627 7.63
22 Verizon (BBB+) 214,579 26,848 7.99
23 Visa (A+) 270,953 31,944 8.48
24 Nike (AA-) 103,504 11,993 8.63
25 Coca Cola (AA-) 193,605 22,119 8.75
26 3M (AA-) 140,343 12,146 11.55
27 Home Depot (A) 222,468 3,554 62.60
28 Boeing (A) 177,363 1,086 163.32
29 DowDuPont (-) 174,212
NA
30 McDonald (BBB+) 138,471 -3,477 NA
(※1)ダウデュポンは2017年9月設立のため計算不可
(※2)マクドナルドは債務超過の為計算不可




PBRは株価純資産倍率といわれ株価÷1株当り純資産で算出されます。
つまり、時価総額が純資産の何倍になっているかを示しています。

純資産というのは、企業の総資産から総負債を引いた額ですので解散価値ともいわれますが、
通常はその後も事業を継続して得られる収益が考慮されて時価総額は純資産額よりも大きくなります。

とはいってもPBRが大きすぎるというのは、純資産額よりも企業価値が過大評価されていることを表すので、
PBRは株価の割安度・割高度を測る指標として有用です。

上表のNYダウ 低PBRランキングを見ると、Top 3はGoldman Sachs(投資銀行)、JP Morgan(商業銀行)、Travelers(保険)と金融機関が独占してますね。

金融機関は資産を債権などで運用するので、現在の低金利下では収益力が落ち、一般的には株もあまり買われないためといわれております。
その他にも、原油価格低迷で業績不振にあえぐChevron、ExxonMobil、業績低迷中のGE等不人気銘柄が上位に入っています。こういった銘柄はやはり平均と比較すると割安といえるのでしょう。

興味深いのは、BoeingがPBR 145倍、McDonaldsに至っては債務超過に陥っているということです。実はこれは、両社の財務面が悪いわけではなく、純資産を減少させる効果のある自社株買いに積極的であることが原因です。

米国では自社株買いにとても熱心な企業が多くありますので、それゆえにPBRが高くなっている企業もたくさんあります。例えばIBMの株価は低迷していることで有名ですが、自社株買いに積極的な同社のPBRは7倍を超えています。

また、日経平均の平均PBRは1.3倍程度であるのに対し、NYダウは3.7倍程度で高くなっておりますが、日本株が過小評価されているということに加え、米国株では自社株買いが多く行われていることも理由の一つです。

このように、高PBR=割高という風に簡単には判断できませんので、その辺は注意が必要になります。


NYダウ銘柄理論株価一覧はこちらご参照ください!
以上

りろんかぶお

今後も皆様にとって有意義な情報をお届けできるよう精進致します!
もしよろしければ応援のポチをお願い致します!
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

※当ブログで紹介する理論株価は、いくつかの前提条件をりろんかぶおが独自に設定している為、その前提条件次第では計算結果が異なってきます。また当ブログは、投資に関する情報を掲載していますが、特定の銘柄の売買を推奨するものではありません。また、読者が当ブログの情報を用いて行う投資判断の一切について責任を負うものではありません。



[ 2018/01/08 10:15 ] 6.NYダウ なんでもランキング | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
PR
プロフィール

りろんかぶお

Author:りろんかぶお
【名前】:りろんかぶお
【出身】:千葉
【性格】:感情の起伏ゼロ。声低め。
【学歴】:東京大学大学院卒
【職業】:総合商社(M&A等)
【資格】:証券アナリスト
【趣味】:投資・麻雀・ランニング
【目標】:1億円を貯めて配当生活
【投資方針】:米国連続増配銘柄への長期投資
【投資デビュー】:大学3年生(小遣い稼ぎのつもりがぼろ負け。。)

プロフィール詳細はこちら

株式投資本の王道






















米国株人気ブログ紹介
ブログランキング
その他人気ブログはこちら