バフェット部-東大卒商社マンが理論株価を全力分析!

全ての株式投資家に通ずる永遠の問い、「なにをいつ買うか?」に徹底的に向き合うサイト!M&Aを手掛ける東大卒現役商社マン(証券アナリスト資格有)が理論株価を全力分析し、「割安価格」の正体を突き止める!

【人口】 日米の人口に見る投資判断

<日米人口推移>
日米人口推移(1980~2016)

2016年現在
日本:1億2,696万人
米国:3億2,330万人

データ:http://www.imf.org/external/pubs/ft/weo/2017/02/weodata/index.aspx

通常、人口が増えると、消費増→企業収益増→従業員給与増・雇用増、といった経済の好循環が生まれます。
このようなことから人口増加は経済拡大のための大きな条件の一つとなっております。

上図の通り、米国の人口は緩やかな上昇を続けております。
米国では移民を広く受け入れている為、先進国としては珍しく人口増加が続いている国です。
一方日本では、ここ30数年間にわたって人口がほぼ横ばいです。
細かく見ると2005年の1億2775万人を境に減少が続いているという状況です。

株式投資という観点では、人口が増加し経済拡大が続いている米国を選ぶというのが合理的な判断となるでしょう。

<日米人口ピラミッド>

米国人口ピラミッド(2016年)

日本人口ピラミッド(2016年)

データ:
米国:https://www.census.gov/data/datasets/2016/demo/popest/nation-detail.html
日本:http://www.stat.go.jp/data/jinsui/new.htm

通常、生産年齢人口(年齢別人口のうち労働力の中核をなす15歳以上65歳未満)が多い国ほど、経済の活力が生まれます。

米国では、生産年齢人口が非常に多くなっているのに加え、生産年齢以下の世代も順調に育っている印象です。
一方で、日本では60歳以上の高齢者が総人口に占める割合が非常に高く、40代をピークとして若い世代がどんどん減少しております。
こういった状況では将来的に働き手が不足したり、多くの高齢者の社会保障費を少ない若い世代が支える為に税負担が重くなり、将来への不安から消費が低迷し経済が活性化しません。。

人口ピラミッドの観点からも、経済に活力を与える生産年齢人口が今後も維持または増加していきそうな米国への投資が合理的な選択になりそうです。


NYダウ銘柄理論株価一覧はこちらご参照ください!

以上

りろんかぶお

今後も皆様にとって有意義な情報をお届けできるよう精進致します!
もしよろしければ応援のポチをお願い致します!
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

※当ブログで紹介する理論株価は、いくつかの前提条件をりろんかぶおが独自に設定している為、その前提条件次第では計算結果が異なってきます。また当ブログは、投資に関する情報を掲載していますが、特定の銘柄の売買を推奨するものではありません。また、読者が当ブログの情報を用いて行う投資判断の一切について責任を負うものではありません。


コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
PR
プロフィール

りろんかぶお

Author:りろんかぶお
【名前】:りろんかぶお
【出身】:千葉
【性格】:感情の起伏ゼロ。声低め。
【学歴】:東京大学大学院卒
【職業】:総合商社(M&A等)
【資格】:証券アナリスト
【趣味】:投資・麻雀・ランニング
【目標】:1億円を貯めて配当生活
【投資方針】:米国連続増配銘柄への長期投資
【投資デビュー】:大学3年生(小遣い稼ぎのつもりがぼろ負け。。)

プロフィール詳細はこちら

株式投資本の王道






















米国株人気ブログ紹介
ブログランキング
その他人気ブログはこちら