バフェット部-東大卒商社マンが理論株価を全力分析!

全ての株式投資家に通ずる永遠の問い、「なにをいつ買うか?」に徹底的に向き合うサイト!M&Aを手掛ける東大卒現役商社マン(証券アナリスト資格有)が理論株価を全力分析し、「割安価格」の正体を突き止める!

投資信託の基準価額算出方法

投資信託の基準価額について解説していきます。

<目次>
1. 基準価額とは
2. 基準価額の算出方法
3. 具体例






1. 基準価額とは


基準価額とは投資信託の値段のことで、株式でいう株価のことですね。
また、株式の取引単位が「株」であるのに対して、投資信託の取引単位は「口(くち)」と呼ばれ、口当りの投資信託の値段が基準価額となります。
そして、この基準価額が運用の成果によって変動していくのです。

また上場企業の株価は市場が開いている間刻々と変動しますが、投資信託の基準価額は、1日に1つの価額として公表されます。
※一方で、投資信託が上場して、株価と同じように価格が刻々と変動するものをETFと呼びます。


2. 基準価額の算出方法


基準価額の算出方法は以下の通りです。

基準価額=総資産総額÷総口数


総資産総額:
投資信託に組み入れられている全運用資産の時価総額から運用コスト及び分配金を差し引いたもの。


3.具体例


例えば、運用開始時の投資信託の基準価額が1円/口の時に、Aさんが1万口=1万円、Bさんが2万口=2万円を購入したとします。
すると、この時点で投資信託には3万円の運用元本ができたことになります。

ファンドマネージャー達がこの3万円を運用して、6万円に増やすことができました。
すると総資産額は6万円、総口数が3万口(Aさんが1万口、Bさんが2万口)なので、基準価額は6万円÷3万口=2円/口ということになります。

新規購入者はその時点の基準価額で購入しなければいけないので、例えばこの時にCさんが3万口=6万円(3万口×2円/口)で購入したとしても、その時点での総資産額は12万円となり、基準価額は2円/口(総資産額12万円÷総口数6万口)で変わらないため、元々の出資者であるAさん、Bさんに帰属する資産額も希薄化されないという仕組みになっております。

以上

りろんかぶお

今後も皆様にとって有意義な情報をお届けできるよう精進致します!
もしよろしければ応援のポチをお願い致します!
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

※当サイトで紹介する理論株価は、いくつかの前提条件をりろんかぶおが独自に設定している為、その前提条件次第では計算結果が異なってきます。また当ブログは、投資に関する情報を掲載していますが、特定の銘柄の売買を推奨するものではありません。また、読者が当ブログの情報を用いて行う投資判断の一切について責任を負うものではありません。




[ 2017/11/01 08:42 ] 11.投資の勉強部屋 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
PR
プロフィール

りろんかぶお

Author:りろんかぶお
【名前】:りろんかぶお
【出身】:千葉
【性格】:感情の起伏ゼロ。声低め。
【学歴】:東京大学大学院卒
【職業】:総合商社(M&A等)
【資格】:証券アナリスト
【趣味】:投資・麻雀・ランニング
【目標】:1億円を貯めて配当生活
【投資方針】:米国連続増配銘柄への長期投資
【投資デビュー】:大学3年生(小遣い稼ぎのつもりがぼろ負け。。)

プロフィール詳細はこちら

株式投資本の王道






















米国株人気ブログ紹介
ブログランキング
その他人気ブログはこちら