バフェット部-東大卒商社マンが理論株価を全力分析!

全ての株式投資家に通ずる永遠の問い、「なにをいつ買うか?」に徹底的に向き合うサイト!M&Aを手掛ける東大卒現役商社マン(証券アナリスト資格有)が理論株価を全力分析し、「割安価格」の正体を突き止める!

【書評】 生涯投資家 by 村上世彰

こんにちは!
バフェット部のりろんかぶおです!

村上ファンドで一世を風靡した村上世彰さんの伝記本である「生涯投資家」を読みましたので書評を書かせいただきます。




1. 著者:村上世彰

1959年生まれ。東京大学卒業後に通商産業省(現経済産業省)に入省し国家公務員として約16年間勤務。その後、日本企業の企業価値向上のためにコーポレートガバナンスを根付かせたいと思いから、自らファンドを設立。当時日本では珍しい「物言う株主」としてメディアからも広く注目されるも、2006年にインサイダー取引容疑で逮捕。現在はシンガポールに在住し個人資産を運用している。


2. 内容

村上世彰氏の生い立ちから、投資家である父親の存在、国家公務員時代の話、村上ファンド設立に至った経緯、ファンド設立後の投資活動、逮捕までの経緯、堀江貴文氏や藤田晋氏との人間関係等を中心に、村上世彰氏がどのような信念の基このような半生を生きてきたか、投資家として日本を変えたいという生き様を自身の言葉で赤裸々に告白した伝記本。


3. 感想

・一言で言うと、村上さんのイメージが良い意味で180度変わった本です。村上さんと言えば、多くの人が思い浮かべるのが「インサイダー取引による逮捕」ではないでしょうか?2006年当時は自分も学生であり、深い背景は知らないものの、村上さんに対しては漠然と悪いイメージしかありませんでした。但しこの本を読むと、村上さんには「日本企業を良くしたい」という強い思いがあり、変革者として先陣を切って時代を切り開いていったとてもかっこいい姿が描かれています。

・またこの本の最大のテーマであり村上さんの夢でもある「日本企業におけるコーポレートガバナンスの浸透」について、とても危機感を抱かざるを得ませんでした。コーポレートガバナンスとは企業の持続的成長と長期的な企業価値向上のために組織内で意思決定を行う仕組みですが、日本ではコーポレートガバナンスに対する正確な知識を持たない経営者が大半で、経営陣自らの私利私欲のために会社を私物化し、事業において1番リスクを取っている株主の利益がないがしろにされている現状がまざまざと描かれております。

コーポレートガバナンスに見る投資家にとっての米国企業の優位性

・こういった深刻な問題に早くから危機感を抱き、行動に移して世の中にメッセージを発信していったのが村上世彰さんです。改革者ゆえに何もわかっていないメディアにたたかれ世の中に悪いイメージが染み付いてしまいましたが、この本を読めば資本主義社会においていかにコーポレートガバナンスが重要か、そしていかに日本企業にこういった考えが浸透していないかがわかります。

・村上さんの思いが時を経て最近ようやく日本でもコーポレートガバナンスの重要性が認識され始め、2015年にはコーポレートガバナンスコードなるものも東証によって取りまとめられました。我々投資家としても、企業価値を最大化するための意識改革であるコーポレートガバナンスの普及というのは非常に重要なテーマですので、今後も日本企業がいい方向に向かうといいなと思うばかりです。
個人的には村上さんの信念をもった生き様、そして投資家として社会を変えていこうとする生き方に憧れてしまうような一冊でした。




NYダウ銘柄理論株価一覧はこちらご参照ください!

以上

りろんかぶお

今後も皆様にとって有意義な情報をお届けできるよう精進致します!
もしよろしければ応援のポチをお願い致します!
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

※当ブログで紹介する理論株価は、いくつかの前提条件をりろんかぶおが独自に設定している為、その前提条件次第では計算結果が異なってきます。また当ブログは、投資に関する情報を掲載していますが、特定の銘柄の売買を推奨するものではありません。また、読者が当ブログの情報を用いて行う投資判断の一切について責任を負うものではありません。

[ 2017/12/11 13:30 ] 13.株式投資お勧め本 | TB(-) | CM(0)

【書評】 スノーボール ウォーレンバフェット伝 by アリス・シュローダー

こんにちは!
バフェット部のりろんかぶおです!

最近、世界一の投資家ウォーレンバフェットの伝記本である「スノーボール ウォーレンバフェット伝」をようやく読破しましたので書評を書かせいただきます。






1. 著者:アリス・シュローダー

ウォール街の金融機関各社で15年間にわたり株式調査に携わり、モルガン・スタンレーにマネジング・ディレクターとして入社。
《インスティチューショナル・インベスター》誌から2001年と2002年の2年連続で№1アナリストに選出。
アナリストとしてバークシャー・ハザウェイを担当したときにバフェットとの知己を得、本書執筆を提案され、以来5年の歳月と250人に及ぶインタビューをもとにこの本を書き上げた。


2. 内容

バフェットの生い立ちから、学生時代に何を考え過ごしたか、株式投資との出会い、師であるベンジャミングレアムとの出会い、ファンドマネジャーとしての道を歩み始めた経緯、チャーリーマンガーとの出会い、バークシャーハサウェイ買収の舞台裏、ソロモン・ブラザーズ救済の舞台裏、コカ・コーラ/アメックスの大量購入秘話、家族との関係、ビルゲイツとの関係等、まさにウォーレンバフェットのこれまでの歩みを余すことなく全て盛り込んだ作品。


3. 感想

・バフェットの人生をここまで詳細に描いた伝記というのは今後も出てこないのではないかと思わせる程、それぞれの時代をバフェットがどのように生きていたか、どのように考えていたかが詳細に綴られた伝記本です。

・バフェットもマンガーも若い頃は、自立するためにとにかく早くお金持ちになりたいと思っていたそうです。自立すれば自分の好きなことに好きなだけ打ち込める上に、自分の好きな人とだけ仕事をできるからだったそうです。多くの株式投資ブロガーも経済的自立を目指して取り組んでいますが、そういう意味ではバフェットやマンガーも若い頃は同じような感覚だったのかもしれません。

・バフェットは「素晴らしい企業を割安価格で購入し超長期で保有し続ける」といったとてもシンプルな投資方針でこれまで莫大な資産を築いてきましたが、若い頃のバフェットはシケモク投資(純資産よりも時価総額が低い銘柄などへの投資)を主体としており、とても「素晴らしい企業への投資」とは程遠いものでした。この本ではバフェットの現在の投資哲学がどのように形成されていき、その時々でバフェットが何を考えたかを知れるという意味で、投資家としてとても勉強になる本です。

・バフェットはここまで成功できた理由を、自分の好きなことを早いうちに見つけ、それだけに熱心に取り組んできたからだといっております。また人生における幸せとは、自分が大好きな人達に自分がどれだけ愛されているかで決まるとも述べております。最高な人生を送るにはこれに尽きるのではないかと思わせる感が方です。一つの道を究めた男の人生訓をふんだんに盛り込んだ本でもあり、投資に興味がない方にもおすすめできる一冊だと思います!




NYダウ銘柄理論株価一覧はこちらご参照ください!

以上

りろんかぶお

今後も皆様にとって有意義な情報をお届けできるよう精進致します!
もしよろしければ応援のポチをお願い致します!
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

※当ブログで紹介する理論株価は、いくつかの前提条件をりろんかぶおが独自に設定している為、その前提条件次第では計算結果が異なってきます。また当ブログは、投資に関する情報を掲載していますが、特定の銘柄の売買を推奨するものではありません。また、読者が当ブログの情報を用いて行う投資判断の一切について責任を負うものではありません。



[ 2017/11/22 11:42 ] 13.株式投資お勧め本 | TB(-) | CM(0)

【書評】 長期投資の伝説的名著!「株式投資の未来」 by ジェレミー・シーゲル

シーゲル


こんにちは!
バフェット部のりろんかぶおです!

このブログではあらゆる企業の財務分析及び理論株価を広く共有し、
「どの銘柄を、いつ買えばいいのか?」の判断材料の一つとしていただくことを目的としております!

今回は最近読んで勉強になった以下の本を紹介させていただきます!


1. タイトル

「株式投資の未来」

もはや長期株式投資家にとっては
バイブルといっても過言ではない本ですね。

米国株投資のブロガーでも多くの方が
この「株式投資の未来」の教えに則ってポートフォリオを作成しております。

これから株を始める方も、株式投資で既に利益を上げている方も、米国株ではなく日本株に投資している方も、
株式投資に携わる全ての方にお勧めしたい本です。





2. 著者

ジェレミー・シーゲル

・1945年、米国生まれ
・米コロンビア大学卒業後、マサチューセッツ工科大学で経済学博士取得
・現在は、ペンシルベニア大学ウォートンスクール教授(金融学)。その他にテレビ番組のコメンテーター、金融史のコラムニスト、証券会社での教育研修も担当。
・本著以外にも、「株式投資」などのロングセラーの著者でもある。


3. 内容

・株式投資の指南書。過去の米国株式投資リターンの変遷を振り返りながら、
どのような投資戦略が最も高いリターンを得られるかを分析するもの。

・本著の最大のメッセージは「成長の罠」!
過去データを分析することで、以下二つのタイプの企業では②の企業に投資して配当再投資していく方が、
リターンがはるかに良いことを実証。

① 今後成長が期待され、将来が明るい業界の人気銘柄
② ビジネスモデルがしっかりとしており配当をしっかり出し続けるものの、古い業界で今後の成長性があまり見込めない不人気銘柄

・主要因は①のタイプの銘柄は、注目度が高いがために株価が恒常的に割高になってしまう一方、②は注目度が低いために恒常的に割安に放置され、割安価格で配当再投資し続けることで、保有株式数を効率よく増やしていくことが可能であるため。

・上記のことを軸に本著では、①低PER(割安であることを見るための指標)、②高配当、③連続配当、銘柄への長期配当再投資戦略を提唱。

・本の最後には、具体的なポートフォリオ比率、推奨投資商品なども交えながらポートフォリオ戦略が記されている。


4. 感想


・「株式投資の未来」を読んで思ったことは、本著で記されるシーゲル氏の主張は全てが
過去50年程の膨大な株価・配当データに裏付けされており
読者にとって非常に納得感の高い内容となっております。

・本著の魅力は何といっても「成長の罠」!
注目度の高い銘柄に投資するよりも、市場から見向きもされない銘柄に投資する方が
リターンがはるかに高いという衝撃の事実!
これを読むとAmazonやFacebookに投資する気は失せるでしょう。

・また、シーゲル氏が提唱する投資戦略もとても具体的に記されており、
かつ、そういった投資戦略に基づいた時の過去50年のリターンも明記されており、
歴史の教訓を生かした投資戦略となっております。

・データ量がかなり豊富で、株式投資の歴史がふんだんに詰まった内容となっているので、
長期投資家としてはバイブルとして何度でも読み返したい本です!
必読書といえる伝説的な名著ですので是非一読をお勧めいたします!




理論株価一覧
(一覧表は随時アップデート中!最新版はこちら!)

Untitled spreadsheet
NYダウ銘柄
企業名(時価総額順)
※カッコ内はS&P格付
※企業名クリックで
財務分析が見れます
理論株価
(ドル)
現在株価
(ドル)
(2017/9/19)
割安度
割高度
連続増配
(2016年迄)
(5年以上のみ)
時価総額
(百万ドル)
(2017/9/19)
最新決算年
純利益
(百万ドル)
PER
アップル (AA+) 138 158.67 15%  高 5年 819,567 45,687 17.94
マイクロソフト (AAA) 56 75.16 34%  高 15年 580,274 16,798 34.54
ジョンソン エンド ジョンソン (AAA) 104 135.38 30%  高 54年 363,360 16,540 21.97
エクソンモービル (AA+) 36 80.09 122%  高 34年 339,350 7,840 43.28
JPモルガン・チェース (-) 79 92.92 18%  高 6年 326,982 24,733 13.22
ウォルマート (AA) 122 80.00 -34%  安 44年 238,976 13,643 17.52
P&G (AA-) 78 93.15 19%  高 60年 237,534 10,508 22.61
シェブロン (AA-) (※) 115.19
29年 218,285 -497 NA
GE (AA-) 16 24.46 53%  高 211,773 8,831 23.98
ファイザー (AA) 36 35.55 -1%  安 7年 211,428 7,215 29.30
コカ・コーラ (AA-) 33 46.11 40%  高 54年 196,673 6,527 30.13
ベライゾン (BBB+) 56 48.09 -14%  安 12年 196,179 13,608 14.42
VISA (A+) 33 104.83 218%  高 9年 191,773 5,991 32.01
ユナイテッドヘルス (A+) 136 198.19 46%  高 7年 191,622 7,017 27.31
ホームデポ (A) 68 157.81 132%  高 7年 186,029 7,957 23.38
メルク (AA) 55 65.99 20%  高 6年 179,978 3,920 45.91
インテル (A+) 35 37.00 6%  高 174,233 10,316 16.89
シスコシステムズ (AA-) 42 32.52 -23%  安 6年 162,602 9,609 16.92
ウォルトディズニー (A) 51 98.10 92%  高 151,415 9,391 16.12
ボーイング (A) 155 253.08 63%  高 6年 149,591 4,895 30.56
IBM (AA-) 213 144.55 -32%  安 21年 134,712 11,872 11.35
3M (AA-) 107 213.76 100%  高 58年 127,565 5,050 25.26
マクドナルド (BBB+) 74 156.68 112%  高 41年 126,910 4,687 27.08
ユナイテッドテクノロジーズ (A-) 55 112.77 105%  高 23年 90,053 5,055 17.81
ゴールドマンサックス (A+) 241 227.53 -6%  安 6年 88,026 7,398 11.90
アメリカンエクスプレス (BBB+) 73 87.87 20%  高 5年 77,675 5,408 14.36
デュポン (A-) 16 84.72 430%  高 73,521 2,513 29.26
キャタピラー (A) 49 123.83 153%  高 23年 73,180 -67 NA
ナイキ (AA-) 37 53.50 45%  高 15年 70,200 3,760 18.67
トラベラーズ (-) 192 120.72 -37%  安 12年 33,312 3,014 11.05
(※)シェブロンは過去対象期間のフリーキャッシュフローがマイナスの為理論株価計算不可









NYダウ平均株価 17,142.78 22,331.35 30%  高 - 6,222,778 279,219 22.29
(※)シェブロンは理論株価計算不可のため、現在株価を使用。

以上

りろんかぶお

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

※当ブログで紹介する理論株価は、いくつかの前提条件をりろんかぶおが独自に設定している為、その前提条件次第では計算結果が異なってきます。また当ブログは、投資に関する情報を掲載していますが、特定の銘柄の売買を推奨するものではありません。また、読者が当ブログの情報を用いて行う投資判断の一切について責任を負うものではありません。


[ 2017/09/19 20:56 ] 13.株式投資お勧め本 | TB(-) | CM(0)

【書評】 貯金が紙くずになる「Xデー」に備えて今こそドルを買え!藤巻健史

ハイパーインフレ2


こんにちは!
バフェット部のりろんかぶおです!

このブログではあらゆる企業の財務分析及び理論株価を広く共有し、
「どの銘柄を、いつ買えばいいのか?」の判断材料の一つとしていただくことを目的としております!

今回は最近読んで勉強になった以下の本を紹介させていただきます!


1. タイトル

「異次元緩和に出口なし!日銀危機に備えよ」





2. 著者

藤巻健史

・1950年、東京生まれ。一橋大学商学部卒業後、三井信託銀行入行
・1980年、米ノースウェスタン大学大学院ケロッグスクールにてMBA取得
・1985年、米モルガン銀行へ転職
・2000年~、著名投資家ジョージソロス氏のアドバイザー、一橋大学・早稲田大学で講義
・現在、日本維新の会所属の参議院議員、東洋学園大学理事、藤巻ジャパン代表取締役

藤巻氏をご存知の方は多いと思いますが、モルガン銀行時代には資金為替部長、東京支店長等を歴任し、東京市場屈指のディーラーとして世界に名を轟かせ、JPモルガン会長か「伝説のディーラー」と称されたほどの方です。


3. 内容

・現在の日銀の異次元緩和は政府の借金を肩代わりする、財務政策上の禁じ手である「財政ファイナンス」

・2%のインフレ目標達成後、インフレ抑制のための手法である、①日銀保有国債の圧縮、②政策金利増、はいずれも日銀の財務状況を大幅に悪化させ倒産リスクを高めてしまうものであり、もはや異次元緩和に出口はない

・このような状況下、日銀は世界の信用を失い、円は投げ売りされ、円暴落、ハイパーインフレが起こるのは時間の問題である。

・こういった事態に備えるために、今は皆ドルを買うべし!


4. 感想

・個人的には、日本の金融政策に関してとても分かりやすい説明がされており、とても勉強になった一冊でした。

・よくニュースで「異次元緩和」、「黒田バズーカ」などといった言葉が飛び交いますが、具体的にどのようなことが起こっているのかという説明が今までほとんどなかったと思います。

・この本では、具体的に何が起こっているのか、緩和が行われる中での日銀と政府と民間銀行の立ち位置、を素人でもわかりやすいようにかみ砕いて丁寧に説明しております。

・また、具体的なデータを使いながら、なぜ日本では緩和が必要なのか、なぜ異次元緩和に出口がないのかというのを筋道立ててわかりやすく説明しており、ハイパーインフレという我々には実感のわかないような出来事が起こってしまうことに関して、納得感のある論理的な説明をされています。

・印象的だったのは、日銀関係者と直接対話をできる藤巻氏によると、日銀関係者自身も「異次元緩和は失敗だった」と半ば認めるような発言をしているということです。メディアではそのようなことは一切流されておりませんが、もしこれが本当だとしたら我々は日銀に騙されていることになり、日銀の言っていることは疑ってかかる必要があると思いました。

・また、こういった状況に備えるための対策として、「ドルを買うべし」という一言では済ませず、具体的にどのような形でドルを保有した方が良いかなどの対策も丁寧に説明されております。

・一方で、「ハイパーインフレ、円暴落」というのは、長らく言われ続けていて、いっこうに起こっていないというのも事実です。
これとは逆に「今後もデフレは止められず、更なる円高だ!」という主張もあるので、反対意見の根拠も理解しながら、慎重に考えていく必要があります!
実際にこの前、FX専業トレーダーの友人に聞いたら、異次元緩和が出口に向かった瞬間に、日米金利差縮小で大幅な円高になるよ!、とのことでした。。

・ただ繰り返しになりますが、この本は日本の金融政策に関して具体的になにが起こっているのかが非常にわかりやすく書いてあるので、そういった部分を理解するためにはとても勉強になる本ですので、是非お勧めいたします。



理論株価一覧
(一覧表は随時アップデート中!最新版はこちら!)

Untitled spreadsheet
NYダウ銘柄
企業名(時価総額順)
※カッコ内はS&P格付
※企業名クリックで
財務分析が見れます
理論株価
(ドル)
現在株価
(ドル)
(2017/9/15)
割安度
割高度
連続増配
(2016年迄)
(5年以上のみ)
時価総額
(百万ドル)
(2017/9/15)
最新決算年
純利益
(百万ドル)
PER
アップル (AA+) 138 159.88 16%  高 5年 825,817 45,687 18.08
マイクロソフト (AAA) 56 75.31 34%  高 15年 581,432 16,798 34.61
ジョンソン エンド ジョンソン (AAA) 104 134.55 29%  高 54年 361,132 16,540 21.83
エクソンモービル (AA+) 36 80.00 122%  高 34年 338,968 7,840 43.24
JPモルガン・チェース (-) 79 91.55 16%  高 6年 322,161 24,733 13.03
ウォルマート (AA) 122 80.29 -34%  安 44年 239,842 13,643 17.58
P&G (AA-) 78 93.21 20%  高 60年 237,687 10,508 22.62
シェブロン (AA-) (※) 114.49
29年 216,959 -497 NA
ファイザー (AA) 36 35.34 -2%  安 7年 210,179 7,215 29.13
GE (AA-) 16 23.92 50%  高 207,098 8,831 23.45
コカ・コーラ (AA-) 33 46.13 40%  高 54年 196,758 6,527 30.15
ベライゾン (BBB+) 56 47.79 -15%  安 12年 194,955 13,608 14.33
VISA (A+) 33 105.19 219%  高 9年 192,431 5,991 32.12
ユナイテッドヘルス (A+) 136 198.09 46%  高 7年 191,525 7,017 27.29
ホームデポ (A) 68 158.41 133%  高 7年 186,736 7,957 23.47
メルク (AA) 55 66.09 20%  高 6年 180,251 3,920 45.98
インテル (A+) 35 37.00 6%  高 174,233 10,316 16.89
シスコシステムズ (AA-) 42 32.44 -23%  安 6年 162,202 9,609 16.88
ウォルトディズニー (A) 51 98.62 93%  高 152,218 9,391 16.21
ボーイング (A) 155 249.38 61%  高 6年 147,404 4,895 30.11
IBM (AA-) 213 144.94 -32%  安 21年 135,075 11,872 11.38
3M (AA-) 107 213.22 99%  高 58年 127,243 5,050 25.20
マクドナルド (BBB+) 74 157.05 112%  高 41年 127,210 4,687 27.14
ユナイテッドテクノロジーズ (A-) 55 112.99 105%  高 23年 90,228 5,055 17.85
ゴールドマンサックス (A+) 241 225.03 -7%  安 6年 87,059 7,398 11.77
アメリカンエクスプレス (BBB+) 73 86.94 19%  高 5年 76,853 5,408 14.21
デュポン (A-) 16 84.72 430%  高 73,521 2,513 29.26
キャタピラー (A) 49 121.30 148%  高 23年 71,685 -67 NA
ナイキ (AA-) 37 53.77 45%  高 15年 70,554 3,760 18.76
トラベラーズ (-) 192 120.63 -37%  安 12年 33,287 3,014 11.04
(※)シェブロンは過去対象期間のフリーキャッシュフローがマイナスの為理論株価計算不可









NYダウ平均株価 17,141.97 22,268.34 30%  高 - 6,212,703 279,219 22.25
(※)シェブロンは理論株価計算不可のため、現在株価を使用。

以上

りろんかぶお

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

※当ブログで紹介する理論株価は、いくつかの前提条件をりろんかぶおが独自に設定している為、その前提条件次第では計算結果が異なってきます。また当ブログは、投資に関する情報を掲載していますが、特定の銘柄の売買を推奨するものではありません。また、読者が当ブログの情報を用いて行う投資判断の一切について責任を負うものではありません。


[ 2017/09/18 11:55 ] 13.株式投資お勧め本 | TB(-) | CM(0)
PR
プロフィール

りろんかぶお

Author:りろんかぶお
【名前】:りろんかぶお
【出身】:千葉
【性格】:感情の起伏ゼロ。声低め。
【学歴】:東京大学大学院卒
【職業】:総合商社(M&A等)
【資格】:証券アナリスト
【趣味】:投資・麻雀・ランニング
【目標】:1億円を貯めて配当生活
【投資方針】:米国連続増配銘柄への長期投資
【投資デビュー】:大学3年生(小遣い稼ぎのつもりがぼろ負け。。)

プロフィール詳細はこちら

株式投資本の王道






















米国株人気ブログ紹介
ブログランキング
その他人気ブログはこちら